ポケモン育成論

カエンジシ育成論

投稿日:2015-01-21 更新日:

pyroar
XYミアレシティのレストラン・ド・キワミでの格言「カエンジシはホルビーを狩るにも容赦ない」はあまりにも有名。
さて、このカエンジシ、オスとメスで大きく姿が違いますよね。個人的にはオスの方がかっこいいと思うのですが、メスの方が出現率は高いようです。
そんなカエンジシについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ほのお/ノーマル
通常特性:とうそうしん/きんちょうかん
隠れ特性:じしんかじょう
種族値
H86 A68 B72 C109 D66 S106

最適と考える型

性格:おくびょう
特性:とうそうしん
努力値:C252 S252 H6
持ち物:いのちのたま
技:オーバーヒート/ハイパーボイス/はかいこうせん/あくのはどう

考察

役割

タイプの複合の仕方も珍しいですが、種族値からは、高い素早さとそれなりの特攻が目に留まります。S106というのは、あのガブリアスを抜け、さらに激戦区の105族も抜くことができます。よって、高速特殊アタッカーとして運用するのが役割となるでしょう。ただし、ゴウカザルには先手を取られることを注意しなければなりません。

性格

S106を生かすためにも最速は欠かせません。よって、おくびょうを採用。

特性

特性の発動条件がすべて限定的。じしんかじょうは一見相性がいいように見えますが、持つポケモンが多く、競争相手が増えてしまうので、差別化に苦労しそうです。きんちょうかんに関しては、オッカを気にせず攻撃できたり、ラムを気にせずどくを撒けたりと、採用もありかと思います。その際はどくどくの搭載がおすすめです。私は現にもう一つきんちょう型を作っており、そちらにはどくどくを入れています(参考までに、おくびょうCS・きんちょうかん・だいもんじ/ハイパーボイス/あくのはどう/どくどく)。結果的に個性を一番生かせるとうそうしんを採用しました。ただし、他の特性の採用も十分考えるに値します。

努力値

高速特殊アタッカーとしての運用となるため、これで確定でしょう。

持ち物

とうそうしんの補正×いのちのたまの補正でシナジーがあるため、いのちのたまを採用。特性との相性はもちろんのこと、フルアタであることや耐久がないこととも相性抜群です。

✔オーバーヒート
とうそうしんの補正×いのちのたまの補正×威力となるため、シナジーの生まれる高威力技オバヒを使用。うち逃げスタイルにも適しています。
✔ハイパーボイス
せっかくのノーマルなのでタイプ一致ということで採用。ただし、攻撃範囲はそこまで広くなりません。
✔はかいこうせん
最高威力のタイプ一致技。オバヒと同じくシナジーを重視。
✔あくのはどう
ノーマル技の通らないゴーストへ。ただし、威力的に刺さるのはブルンゲルくらいか。一応ひるみも期待できる。基本的に自由枠。

まとめ

使用感としては、特性とうそうしんと持ち物いのちのたまで火力は申し分ないと感じました。ただ、攻撃範囲がさほど広くなく、等倍でごり押しだったり、終盤に一掃する形での運用が多かったです。そのため、ハイパーボイスを何か他の技に変えてしまうのもありだと感じました。ちなみに、私は「カエンジシ」のことをずっと「カエンジン」だと思っていました;

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

ジーランス育成論

RSでおふれのせきしつの謎を解くカギとなるポケモン。 対戦ではいしあたまによりタイプ一致反動なしでもろはのずつきを打つことができます。 今回はそんなジーランスについて考察していきたいと思います。 基本 …

アイアント育成論

アリがモチーフとなっているアイアント。 防御努力値を稼ぐために倒しまくっている人も多いんじゃないでしょうか笑 そんなアイアントについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/はがね 通常 …

オーベム育成論

なんとも不思議な、宇宙人のような見た目のオーベム。 タワーオブヘブンで努力値稼ぎに狩られていたリグレーはオーベムの進化前です。 今回は、そんなオーベムについて考察していきたいと思います。 基本情報 タ …

メタグロス育成論

2匹のメタングが合体して生まれたというメタグロス。 その頭脳はスーパーコンピュータよりも優れていると言います。 そんなメタグロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:はがね/エスパー …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)