ポケモン育成論

ヤドラン育成論

投稿日:2015-01-21 更新日:

slowbro
のんびりとした雰囲気でゆるい感じのヤドラン。
ポケモンサンデーでは「ヤドン秋山」というコーナーがあって、当時とても笑ったのを覚えています。
それも今は昔ですが…
ここでは、そんなヤドランについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:みず/エスパー
通常特性:どんかん/マイペース
隠れ特性:さいせいりょく
種族値
H95 A75 B110 C100 D80 S30

最適と考える型

性格:ずぶとい
特性:さいせいりょく
努力値:H252 B252 S6
持ち物:ゴツゴツメット
技:ねっとう/サイコキネシス/だいもんじ/なまける

考察

役割

高い物理耐久と、エスパー・みずという複合タイプを生かし、物理格闘や物理水を主に受けていく物理受けとしての役割をこなすこととなります。意外と特攻もそれなりにあるため、後続にもある程度の負担をかけられるでしょう。

性格

高い物理耐久を生かし、役割を遂行するため、物理特化にします。よってずぶといを採用。

特性

どんかんは挑発、マイペースは役割遂行対象であるカイリキーを完封できる(ばくれつパンチによる混乱を無効にする)等、それぞれメリットはあるもののかなり限定的。やはりさいせいりょくが一番生かしやすいでしょう。

努力値

物理特化にするためこれで確定です。余りの6はSに振ってあげることで、麻痺130族をギリギリ抜けます。

持ち物

物理を受けるといったらこれしかないといえるほど重要なゴツゴツメット。貴重なダメージソースになります。

✔ねっとう
主にやけど狙いタイプ一致技での採用。物理地面を受けて流す際にも役立ちます。
✔サイコキネシス
主な役割遂行対象となる格闘を流す、仕留めるために採用。タイプ一致技。
✔だいもんじ
上記2つの技だけでは本来苦戦を強いられるハッサムやナットレイに。
✔なまける
必須の再生回復技。

まとめ

使用感としては、とても使いやすく、かなり構築に加え選出することが多いです。物理耐久は高いですが、メチャクチャに高いわけではないので過信は禁物ですね。たとえば、クチートやガルーラを受け切るのは難しいです。しかし、さいせいりょくによってサイクル適正が高く、特殊受けと組ませるとサイクルを回すだけで有利に立ち回れると感じました。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

マラカッチ育成論

体をリズミカルに動かすとマラカスのような音がするというマラカッチ。 対戦でも活躍させたいところです。 そんなマラカッチについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:くさ 通常特性:ちょすい/ …

ラグラージ育成論

キモクナーイなラグラージ。 決してキモクナーイのである。 そんなキモクナーイについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:みず/じめん 通常特性:げきりゅう 隠れ特性:しめりけ 種族値 H1 …

ギャラドス育成論

ジョウト地方ではロケット団によって赤色のギャラドスが作りだされましたね。 そんなポケモンの中ではメジャーなギャラドスですが、私は小さい頃金のコイキングを手に入れたことが一番の思い出ですね。 ここではギ …

メガピジョット育成論

ピジョットはマッハ2で空を飛ぶみたいですね。 乗っているトレーナーは…うん。 そんなピジョットのメガ進化系、メガピジョットについて考察していきたいと思います。 基本情報 通常時 タイプ:ノーマル/ひこ …

ダグトリオ育成論

ふうせんで浮かない。テレキネシスでも浮かない。スカイバトルでも浮かない。 そんな様子から、地面の下の姿が度々ネタにされるダグトリオ。 今回は、そんなダグトリオについて考察していきたいと思います。 基本 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)