ポケモン研究論文

近年のアニポケに見るターゲット視聴者層の変化

投稿日:2015-03-08 更新日:

つい先日放送されたアニメを皆さんはご覧になっただろうか?
見ていない方のために説明すると、ムサシの恋回だったのである。
以下がその画像
1425550115318
右側はムサシだと分かるが、左のイケメンは誰!?
と思うことだろう。
今回のあらすじを簡単に説明すると…
いつものようにサトシたちとロケット団はバトルをしていたのだが、そのバトルによってムサシはコジロウ、ニャースとはぐれてしまう。それで川に落ちてしまっておぼれていたところを、医師のホワイトなる人物に助けられたのである。
ムサシはそのホワイトに一目ぼれして…という展開である。
お気づきの通り、そのホワイト医師が先ほどの画像の左側の人物だ。
63_019
やはりなかなかのイケメンのようだ。

そんなムサシの変化に長いこと連れ添ったコジロウたちが気づかないはずもなく、彼は葛藤する。
63_005
63_006
63_007
63_008
63_009
だが、コジロウは一人の女性として幸せをつかもうとしている、そんなムサシの気持ちを応援するのである。
ここにロケット団の真の絆の強さが見て取れよう。

ただなにがあってもやっぱり最後は…
63_028
これでこそロケット団なのである。彼らにとってロケット団とは何物にも代えられない、大切な存在なのである。

…とまあ、少し長くなってしまったが大筋はこんな話だ。
本題はタイトルの通り、こういった内容の話が放送されるようになった裏側を紐解いていくことである。
まずそもそも、こんな恋バナ、今でこそセレナ&サトシなんかで多く見かけるようになったが、一昔前のポケモンでは考えられなかったことである。前のポケモンなんか、ロケット団がショボイ悪役で、サトシたち一行が正義、みたいな簡単な構図だった。正義のサトシが悪役(まあ、真の悪役というポジションではないが)のロケット団を10万ボルトで吹っ飛ばしておしまいである。単純に考えるのであれば、最近のアニメのような恋バナ系は、一昔前の構図に比べると圧倒的に対象年齢高めであるように思える。そのため、アニメが対象層を今の子供よりも、どちらかというと昔からのコアユーザーに向けているのではないか、と考えることもできよう。

しかし、今の小学生(ポケモンを見る主な年齢層といえば小学生だろう)は私たちの知っている昔の小学生ではない。小学生であるにもかかわらず、彼氏彼女をつくっていたりするのだ。現代の小学生は恋に生きているのである。よって、単純に対象層を上げたと考えるのではなく、時代の変化に伴い今の子供向けに照準を合わせなおしたとも考えられよう。

総括

上記二つの考えのうち、どちらが真実なのかはわからないが、「ポケモン」というアニメ自体に何らかの変化が起こっていることは明白であろう。今のポケモンは、もはや私たちの知っているポケモンではないのかもしれない。今後の展開にも注目していきたい。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン研究論文

執筆者:

関連記事

環境の形成過程に関する考察

環境とは何か ポケモンにおける「環境」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか。たいていの人は対戦環境のことを思い浮かべるのではなかろうか。その「環境」によって強いポケモン、弱いポケモンが決められ、そ …

no image

ナナコに見るエレブーズの分析

みなさんは「エレブーズ」のことをご存じだろうか? 意外と知らない人も多いと思うので、ここでは、その説明と分析を行いたいと思う。 エレブーズとは アニメポケットモンスターに登場するナナコなる少女が猛烈に …

努力値の振り分け分析

努力値の重要性 いつの世代であっても「努力値」というものは、育成においてのかなりのウエイトを占める。 例え同じポケモンであっても、努力値の振り方次第では全く別の役割を持つことが多い。それは俗に「型」と …

no image

影の薄い町徹底追跡

ポケモンの世界には色々な地方、そして都市や町がある。 しかし、それらすべてが有名かつ人気というわけではない。 ここでは、そんな中でも特に影の薄い町について考察していこうと思う。 コトキタウン ホウエン …

no image

モンスターボール徹底比較

ポケモンと言われれば皆さんは何を思い浮かべるであろうか? その答えは様々であろうが、その中には少なからず「モンスターボール」という答えもあることだろう。 だが、モンスターボールと一口には言ってもその種 …

広告

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)