ポケモン育成論

デデンネ育成論

投稿日:2015-02-13 更新日:

dedenne
ピカチュウに似ている感じがするデデンネ。
見た目がかわいい分種族値は低く、対戦ではあまり使われません。
そんなデデンネについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:でんき/フェアリー
通常特性:ものひろい/ほおぶくろ
隠れ特性:プラス
種族値
H67 A58 B57 C81 D67 S101

最適と考える型

性格:むじゃき
特性:ほおぶくろ
努力値:C252 S252 A6
持ち物:オボンのみ
技:ほっぺすりすり/10万ボルト/ボルトチェンジ/じゃれつく

考察

役割

全体的に低水準なパッとしない種族値ですが、唯一素早さだけは高水準です。さらに、ほっぺすりすりというダメージを与えつつまひにすることができる、でんじはの上位互換とも言える技を習得することができます。そのため、基本的には高速で麻痺を撒きつつ攻撃するという形で運用することになるかと思います。

性格

100族をギリギリ抜くことのできる絶妙な素早さを生かすためにも素早さに補正をかけたいところ。さらに、物理・特殊両方の技を使うため、攻撃と特攻には下降補正をかけたくありません。そのため、むじゃきを採用しました。せっかちだとせっかくの格闘への耐性が生かしづらくなってしまうためです。また、元々耐久はないため、下降補正はそれほど気になりません。

特性

ものひろいはフィールド専用の特性なため採用候補外。また、プラスもシングルバトルでは活きることのない特性ですので、これも採用候補外。よって、ほおぶくろに自動的に確定します。オボンのみでの回復量が増えることで、実質的に耐久が上昇し場持ちがよくなります。

努力値

高速で特殊技をメインに使うため、これで良いかと思います。

持ち物

ほおぶくろを一番生かすことのできるオボンのみを採用しました。その他各種きのみやきあいのタスキも候補となりますが、前者はオボンのみより優れているものが見当たらず、後者はせっかくの特性を全く生かせなくなってしまうのが問題です。差別化の意味でも特性は生かしたいところです。

✔ほっぺすりすり
ダメージを与えつつまひにできる優秀な技。でんじはと異なり接触技である点に注意。
✔10万ボルト
主力タイプ一致技。
✔ボルトチェンジ
苦手な相手に。無効化されやすい点に注意が必要。
✔じゃれつく
主力タイプ一致技。特殊フェアリー技は習得しない。

まとめ

全体的に能力が低いため、しっかりと活躍させるにはいかにほっぺすりすりを使うかが重要です。技の火力が出ず、耐久も低いため、独特の複合タイプで耐性が優秀なのが唯一の救いか。その優秀な耐性を生かして、まひを撒いたりの試行回数を稼ぎたいところ。いずれにせよ、愛を持って使うことが重要。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ハガネール育成論

ポッポと同じ攻撃種族値であることから度々ネタにされるイワークは、このハガネールの進化前。 対戦では新たにメガ進化も習得しました。 そんなハガネールについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ …

ペルシアン育成論

サカキもペットとして飼うペルシアン。 毛並みが美しく、ペットにしたがる人も多いようです。 そんなペルシアンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル 通常特性:じゅうなん/テクニ …

アーボック育成論

お腹の模様が印象的なアーボック。 研究結果によると6種類ほどが確認されているようです。 そんなアーボックについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:どく 通常特性:いかく/だっぴ 隠れ特性 …

パンプジン育成論

パンプジンといえばやはり大きさ。 小・中・大・特大と四種類あって、とてもユニークですよね。 今回は、そんなパンプジン(特大)について考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ゴースト/くさ 通常 …

サワムラー育成論

実在のキックボクサーがモデルとなったサワムラー。 その足は自由に伸び縮みするようです。 そんなサワムラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:じゅうなん/すてみ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)