ポケモン育成論

トリデプス育成論

投稿日:2015-01-20 更新日:

bastiodon
立ちはだかる巨壁ことトリデプス。
防御面で非常に優秀な種族値を持つものの、タイプが不遇(4倍弱点が2つもある)なため、ほとんど使われることのない、いわゆるマイナーポケモンです。
そんなトリデプスを考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:いわ/はがね
通常特性:がんじょう
隠れ特性:ぼうおん
種族値
H60 A52 B168 C47 D138 S30

最適と考える型

性格:しんちょう
特性:がんじょう
努力値:H252 D252 S6
持ち物:ふうせん
技:がんせきふうじ/どくどく/ステルスロック/ほえる

考察

役割

主に先発で運用します。後出しだとせっかくのがんじょうが活きないのと、ステロはなるべく序盤で撒いた方がいいからというのが理由です。ステロを撒いた後は特殊受けとしてサイクルを回せれば理想ですが、ステロを撒けただけでも最低限の役割を果たしたと言えるでしょう。その点では、がんじょうと高い耐久のおかげで、最低限の役割は遂行しやすいかもしれません。

性格

特殊特化にする(理由は後述)ため、性格はしんちょう。

特性

ハイパーボイスやほろびのうたを無効化できる防ぼうおんも非常に魅力的ではありますが、役割の遂行を重視しがんじょうを採用しました。

努力値

上記のように、ステロを撒くことが主な役割なので、耐久に振るのは確定です。さて、物理に振るか特殊に振るかという問題ですが、4倍弱点が格闘・地面とどちらも物理よりなため特殊特化としました。種族値的には物理の方が強いようですが…( 一一)

持ち物

初手対面で少しでも流せる相手を増やせるよう風船としました。抜群技を持っていてもこだわっている(鉢巻ガブなど)相手を流し、がんじょうを温存することができます。

✔がんせきふうじ
火力は全くと言っていいほど期待できませんが、後続のサポートになります。S100%↓。
✔どくどく
耐久相手に。火力がないので、主要なダメージ源となります。
✔ステルスロック
言うまでもなく採用。
✔ほえる
ステロとの昆布に。風船の流しと相性がいい。

まとめ

使用感としては、先発ふうせんが結構相手に刺さっているイメージでした。最低限ステロを撒いてはくれますが、なかなか持ちは悪い感じです。相手を選ぶポケモンだという感じがしました。今流行りのメガサーナイトやニンフィアなんかとは相性がいいですが、そちらの相手をメインにしたいのであれば、防音も一考の余地ありかも。ちなみに、メガサーナイトがめざ地を打ってきたときはビビりました笑

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

トロピウス育成論

果物が大好物で、食べ続けていたために首にできるようになったというトロピウス。 1年に2回実をつけるようです。 そんなトロピウスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:くさ/ひこう 通常 …

ギャラドス育成論

ジョウト地方ではロケット団によって赤色のギャラドスが作りだされましたね。 そんなポケモンの中ではメジャーなギャラドスですが、私は小さい頃金のコイキングを手に入れたことが一番の思い出ですね。 ここではギ …

フローゼル育成論

フローゼルは厨ポケ。 フローゼル=厨ポケ。 そんなフローゼルをご紹介。 基本情報 タイプ:みず 通常特性:すいすい 隠れ特性:みずのベール 種族値 H85 A105 B55 C85 D50 S115 …

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

メガカイロス育成論

サファリゾーンではカイロスをゲットしようと奮闘していた人も多いのではないでしょうか。 ヘラクロスと対をなす存在で、第六世代にてメガ進化を手に入れるまでは劣り気味でしたが、今では肩を並べるほどに。 そん …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)