ポケモン育成論

ゲンガー育成論

投稿日:2015-01-21 更新日:

gengar
いろいろ都市伝説的な噂の絶えないゲンガー。初代から登場する非常に古参なポケモンで、イメージは幽霊。
もりのようかんでは多くの人を怖がらせましたね。
そんなゲンガーについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ゴースト/どく
特性:ふゆう
種族値
H60 A65 B60 C130 D75 S110

最適と考える型

性格:おくびょう
特性:ふゆう
努力値:C252 S252 H6
持ち物:きあいのタスキ
技:ヘドロばくだん/シャドーボール/きあいだま/みちづれ

考察

役割

言わずと知れた強ポケで、典型的な高速特殊アタッカー。高い特攻と素早さを生かしてエースとして運用していきます。攻撃範囲もそれなりに広く、強力な技であるみちづれを持つため、対応できる幅が広いといえます。ただし、技の威力は低めで、種族値ほ
どの火力は期待できないかもしれません。

性格

S110族は激戦区なため、最速に。おくびょうで確定です。

特性

どうあがいてもふゆう。

努力値

高速特殊アタッカーとしての運用となるので、これで問題ないでしょう。

持ち物

低い耐久を補うためにきあいのタスキを採用。みちづれとの相性も良く、うまくいけば簡単に2体もっていけることも。ただし、ゲンガーのみちづれは非常に読まれやすい。

✔ヘドロばくだん
フェアリーの登場により、攻撃範囲が広がり、採用しやすくなりました。タイプ一致の最高威力。
✔シャドーボール
タイプ一致の主力技。外す理由はありません。特防ダウンにも期待できます。
✔きあいだま
言わずと知れた相性補完技。どくタイプの技・ゴーストタイプの技との相性がよい。ただし、かなり外れるので要注意。
✔みちづれ
ゲンガーの肝ともいえる技。うまく使えば強力。ただし、非常に読まれやすい点には注意が必要。

まとめ

使用感としては、技の威力が低いためか、そこまで爆発的な火力はでませんでした。さらに、肝であるみちづれも非常に読まれやすく、使いどころが難しいと感じました。立ち回りとしては、たとえば。相手がこちらを倒そうとしない(補助技を使うなど)場合でも、安易に攻撃技に変更せず、みちづれを使ってひとまず様子を見て、慌てずにいった方がよいと実戦経験から感じます。それと、絶対にみちづれのPPは最大まで増やしておきましょう。ちなみに、特性ぼうだんによってヘドロばくだん・シャドーボール・きあいだまの通らないブリガロンはまさに天敵。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

カポエラー育成論

ブラジルの腿法であるカポエイラがモデルとなったと思われるカポエラー。 その独特なモーションは、一度見たら忘れないほど。 そんなカポエラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう …

スワンナ育成論

白鳥のような見た目をしているスワンナ。 白鳥のように優雅に戦っていきましょう。 そんなスワンナについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:みず/ひこう 通常特性:するどいめ/はとむね 隠れ …

トリデプス育成論

立ちはだかる巨壁ことトリデプス。 防御面で非常に優秀な種族値を持つものの、タイプが不遇(4倍弱点が2つもある)なため、ほとんど使われることのない、いわゆるマイナーポケモンです。 そんなトリデプスを考察 …

カエンジシ育成論

XYミアレシティのレストラン・ド・キワミでの格言「カエンジシはホルビーを狩るにも容赦ない」はあまりにも有名。 さて、このカエンジシ、オスとメスで大きく姿が違いますよね。個人的にはオスの方がかっこいいと …

デリバード育成論

サンタの見た目なデリバード。 しっぽに入っているエサのおかげでエベレストを乗り切った人もいるそうな。 そんなデリバードについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり/ひこう 通常特性: …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)