ポケモン育成論

オーベム育成論

投稿日:2015-02-17 更新日:

beheeyembeheeyem
なんとも不思議な、宇宙人のような見た目のオーベム。
タワーオブヘブンで努力値稼ぎに狩られていたリグレーはオーベムの進化前です。
今回は、そんなオーベムについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:エスパー
通常特性:テレパシー/シンクロ
隠れ特性:アナライズ
種族値
H75 A75 B75 C125 D95 S40

最適と考える型

性格:ひかえめ
特性:アナライズ
努力値:H252 C252 S6
持ち物:こだわりメガネ
技:サイコキネシス/サイコショック/10万ボルト/あくのはどう

考察

役割

鈍足で耐久も高いとは言えませんが、特攻はかなりのものです。そのため、基本的には、重火力特殊アタッカーとして運用していくこととなるでしょう。数値だけでも素晴らしい値ですが、特性アナライズによりさらに補正がかかり、その火力は相当なものとなります。低い素早さとその特性とも相性が非常によく、数値以上の働きが期待できるでしょう。

性格

さらに火力を補強するためひかえめを採用しました。これで確定でしょう。

特性

テレパシーはシングルバトルでは全く発動機会のない特性であるため除外します。残るはシンクロとアナライズですが、シンクロは状態異常を受けたときに発動が限定されるなどやや受動的かつ防御的な特性。オーベムの場合は、火力をさらに生かすことができ、アイデンティティでもあるアナライズの方が良いと言えるでしょう。

努力値

重火力特殊アタッカーとしての運用となるため、これで良いかと思います。

持ち物

火力を補強したいですが、鈍足なため耐久は落としたくないところです。そのため、こだわりメガネを採用しました。居座ることが少なく打ち逃げ主体となるオーベムに最適です。他の候補としては、耐久の補佐となり場持ちもよくなるオボンのみなどが挙げられますが、やはり長所である火力をさらに補強したいところです。

✔サイコキネシス
必須の主力一致技。
✔サイコショック
同じく主力技。技スペースにある程度余裕があるため、サイコキネシスと共に採用。
✔10万ボルト
エスパー技と合わせてすべてのタイプに等倍が取れます。
✔あくのはどう
エスパー技の通らないエスパーに。シャドーボールと選択ですが、あくのはどうは無効がない。

まとめ

対戦ではまったく使われなく、確実にマイナーの部類に入るポケモンですが、こうしてみてみると十分強そうな感じがします。アナライズ+メガネの火力は相当で、逆に耐久はそれほどでもないことから、どれだけ攻撃回数を稼げるかがポイントでしょう。あとは技の範囲が若干狭いのが難点でしょうか。しかし、これは相手を選んだり、元々等倍でも火力が期待できることを考えると、そんなに気にする必要はないかもしれません。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

オノノクス育成論

第五世代にて登場した期待のドラゴンタイプ。 アイリスが連れているキバゴはオノノクスの進化前。 そんなオノノクスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ドラゴン 通常特性:とうそうしん/ …

ニンフィア育成論

第六世代にて新たに登場したイーブイの進化系。 そのかわいらしい見た目から、しょこたんも愛用。 そんなニンフィアについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:フェアリー 通常特性:メロメロボデ …

バスラオ育成論

BWでは素早さの努力値を稼ぐために可哀想にも狩られまくっていたバスラオ。 そんなバスラオですが、トリトドンと同じように赤と青の色がそれぞれ存在します(色違いじゃないですよ!)。 しかし、バスラオは種族 …

グラエナ育成論

ポケモン最新作であるORASの序盤犬であるグラエナ。 初めの草むらでオダマキ博士を追いかけていたポチエナは、グラエナの進化前。 しかし、種族値の不足によりなかなか日の目を見ない。 この記事では、そんな …

ウインディ育成論

中国の言い伝えにあるという伝説のポケモンウインディ。 伝説ではないのにでんせつポケモンであることから、ネタにされることも多いですね。 そんなウインディについて考察していきたいと思います。 基本情報 タ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)