ポケモン育成論

ハッサム育成論

投稿日:2015-01-31 更新日:

scizor
特性とタイプ一致によって実質威力90の先制技が放てるハッサム。
そのストッパー性能から、愛用者は数知れず。
そんなハッサムについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:むし/はがね
通常特性:むしのしらせ/テクニシャン
隠れ特性:ライトメタル
種族値
H70 A130 B100 C55 D80 S65

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:テクニシャン
努力値:H252 A252 S6
持ち物:こだわりハチマキ
技:バレットパンチ/でんこうせっか/とんぼがえり/はたきおとす

考察

役割

基本的には、高い攻撃力と威力の高い先制技を生かして、終盤の抜きエースや相手の抜きエースストッパーとして運用することが主となります。先制技をバレットパンチとでんこうせっかの二種類入れている点、こだわりハチマキを捲いている点がポイントで、これによりあらゆる相手に先制で大きなダメージを与えられるようになります。

性格

とにかく火力に特化したいためいじっぱりを採用。どうしても後攻でとんぼがえりを決めたいなどの理由があればゆうかん最遅も候補には入りますが、先制でとんぼがえりを決められることのメリットも考えると良いでしょう。

特性

ライトメタルはほとんど生きないため除外。残るはむしのしらせとテクニシャンですが、先制技を補強でき、ストッパー性能、抜き性能共に上がるテクニシャンを採用しました。ハッサムを使う以上テクニシャンが第一選択でしょう。

努力値

先制技を生かして戦っていくため、特別素早さには割かず、その分を耐久に割きます。

持ち物

先制技の威力を最大限まで高め、役割を遂行しやすくできるこだわりハチマキを採用しました。

✔バレットパンチ
絶対に外せない主力技。
✔でんこうせっか
バレットパンチの通らない相手へ。ファイアローを意識するならフェイントも選択肢。
✔とんぼがえり
序盤のサイクル戦に。ハチマキによりさらに扱いやすくなります。
✔はたきおとす
鋼など、虫技と鋼技の通りにくい相手へ。追加効果も優秀。

まとめ

使用感としては、テクニシャンとハチマキによる高威力の先制技が非常に強力であると感じました。終盤に体力の消耗した相手を一網打尽にすることができます。また、序盤も威力の高いタイプ一致とんぼがえりを放てることからサイクルを回しやすく、とにかくパーティに組み込みやすいイメージです。ただし、めざ炎やだいもんじなどの役割破壊技には細心の注意を払う必要があります。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ドダイトス育成論

背中に木が生え、庭のようになっている姿が特徴的なドダイトス。 タイプが不遇で、竜狩りに搭載されている氷技で「ついでに」狩られてしまうことから、使用者は少な目。 今回は、そんなドダイトスについて考察して …

ツンベアー育成論

白熊らしき見た目のツンベアー。 ツンデレーでは決してない。 そんなツンベアーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:ゆきがくれ 隠れ特性:すいすい 種族値 H95 A …

ペラップ育成論

不思議のダンジョンでは親方の補佐役として活躍したペラップ。 ギルドメンバー思いで感動させられた覚えがあります。 今回は、そんなペラップについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ …

コジョンド育成論

カンフーっぽい見た目のコジョンド。 とびひざげりが大幅に強化された第五世代では注目されました。 そんなコジョンドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:せいしんりょ …

ニンフィア育成論

第六世代にて新たに登場したイーブイの進化系。 そのかわいらしい見た目から、しょこたんも愛用。 そんなニンフィアについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:フェアリー 通常特性:メロメロボデ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)