ポケモン育成論

カイリキー育成論

投稿日:2015-02-05 更新日:

machamp
四本の手を持つカイリキー。
メロメロやきんのたまで度々ネタにされる愛されキャラ()です。
そんなカイリキーについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:かくとう
通常特性:こんじょう/ノーガード
隠れ特性:ふくつのこころ
種族値
H90 A130 B80 C65 D85 S55

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:ノーガード
努力値:H252 A252 S6
持ち物:オボンのみ
技:ばくれつパンチ/ストーンエッジ/はたきおとす/バレットパンチ

考察

役割

まず高い攻撃力が目に留まります。基本的にはその高い攻撃力を生かして、鈍足の重火力アタッカーとして運用していくことになります。また、カイリキーのアイデンティティとも言えるノーガード。命中不安なばくれつパンチを必中で使うことができ、非常に強力です。不利な相手に対しても混乱で突破できたりします。

性格

火力を補強する意味でもいじっぱりを採用しました。ただ、ばくれつパンチでの混乱の性質上、ようきにして最速にするのもありかもしれません。

特性

なんといっても、カイリキーを使う意義であるノーガードでしょう。こんじょうもやけどで機能停止しなくなったりで優秀ですが、やはりノーガードばくれつパンチには劣るか。ふくつのこころは発動機会がかなり限定的です。

努力値

鈍足重火力アタッカーとしての運用となるため、これで良いかと思います。

持ち物

場持ちがよくなり、タイマン性能も上昇するオボンのみを採用しました。他の候補としては、こだわりハチマキや、最速にする場合はこだわりスカーフがあります。

✔ばくれつパンチ
カイリキーを使う意義といっても過言ではありません。
✔ストーンエッジ
ばくれつパンチの陰に隠れがちですが、地味に必中の恩恵は大きい。
✔はたきおとす
メインの通らない霊へ。
✔バレットパンチ
あるとうれしい先制技。

まとめ

はたきおとすが使えることで、攻撃範囲も広く、特性によりストーンエッジなどの命中を恐れることもないため、非常に扱いやすいと感じました。オボンのみによりある程度補強されてはいるものの、鈍足アタッカーにしては思ったより耐久がない点には注意が必要でしょう。また、バレットパンチがフェアリーに刺さるのも大きいです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

アイアント育成論

アリがモチーフとなっているアイアント。 防御努力値を稼ぐために倒しまくっている人も多いんじゃないでしょうか笑 そんなアイアントについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/はがね 通常 …

ゼブライカ育成論

稲妻のような瞬発力で、全速力で走ると雷鳴が響き渡るというゼブライカ。 気性が激しく、鬣から四方八方に電撃を打ちまくることもあるそうです。 そんなゼブライカについて考察していきたいと思います。 基本情報 …

メタグロス育成論

2匹のメタングが合体して生まれたというメタグロス。 その頭脳はスーパーコンピュータよりも優れていると言います。 そんなメタグロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:はがね/エスパー …

ポリゴン2育成論

アニメではポケモンショックと呼ばれる問題を起こしてしまったポリゴン2。 しんかのきせきの登場により、進化前であるこのポケモンがよく使われるようになりました。 今回は、そんなポリゴン2について考察してい …

ベロベルト育成論

映画では一瞬人と入れ替わってしまったことがあったベロベルト。 ノーマルタイプの例にもれず覚える技は豊富で、いろいろな芸当ができます。 しかし、いまいち決定力にかける種族値のため、実戦で使われることはあ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)