ポケモン育成論

アマルルガ育成論

投稿日:2015-02-12 更新日:

aurorus
化石ポケモンの一角を担うアマルルガ。
タイプが不遇なためか対戦ではあまり見かけません。
そんなアマルルガについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:いわ/こおり
通常特性:フリーズスキン
種族値
H123 A77 B72 C99 D92 S58

最適と考える型

性格:ひかえめ
特性:フリーズスキン
努力値:C252 D252 S6
持ち物:とつげきチョッキ
技:ハイパーボイス/フリーズドライ/げんしのちから/だいちのちから

考察

役割

高いHPが目に留まり、一見耐久向きのように思えます。しかし、タイプが岩・氷と貧弱で、格闘や鋼に四倍弱点を突かれてしまうことから物理面は絶望的。そのため、特防を最大限に生かした、特殊相手に繰り出せる特殊アタッカーとしての役割になるかと思います。

性格

火力を強化し、相手パーティへ少しでも負担をかけていきたいところ。そのため、ひかえめを採用しました。

特性

フリーズスキンのみです。隠れ特性であるゆきふらしの解禁が待たれます。

努力値

HPは元々十分すぎるほどあり、振ったところで耐久の上昇があまり見込めないため、特防に割きました。とつげきチョッキとも好相性です。

持ち物

特殊相手に繰り出せるようになるとつげきチョッキを採用しました。

✔ハイパーボイス
フリーズスキンの補正を受ける、タイプ一致主力技。
✔フリーズドライ
主力技の通らない水タイプに。
✔げんしのちから
タイプ一致でも威力はサブ並。氷技の通らない炎や氷に。
✔だいちのちから
主力技の通らない鋼への有効打。

まとめ

タイプが不遇なため対戦ではほとんど見ることがありませんが、このようにとつげきチョッキを持たせたりで工夫することで、相手は選ぶもののそこそこの繰り出し性能にはなります。技の威力は申し分ないため、いかに有利な相手に繰り出して試行回数を稼ぐかがポイントとなりそうです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ガラガラ育成論

ポケモンタワーではゆうれいとして登場したガラガラ。 なかなかに悲しい話でしたね。 今回は、そんなガラガラについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:じめん 通常特性:いしあたま/ひらいしん …

ナゲキ育成論

柔道家をモチーフにしたと思われるナゲキ。ダゲキとは対となる存在ですね。ただこのナゲキとダゲキ、初めてデザインを見たときに少し抵抗があったのは私だけでしょうか?笑 今回はそんなナゲキについて考察をしてい …

バンギラス育成論

ずっと圧倒的な種族値と特性で環境のトップの1体として君臨し続けた強ポケ。 個人的には、不思議のダンジョンでフーディンチームに属していたことが印象に残っています。 今回は、そんなバンギラスについて考察し …

ラムパルド育成論

強烈な頭突きの攻撃は、どんな頑丈な物でも粉砕してしまうというラムパルド。 その頭蓋骨は厚さ30cmもあると言います。 そんなラムパルドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ 通常 …

オニドリル育成論

大きな翼が特徴的なオニドリル。 一回も降りずに一日中飛び回ることができるそうです。 そんなオニドリルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう 通常特性:するどいめ 隠れ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)