ポケモン総合研究情報局

ポケモンに関する情報を幅広く扱います

ポケモン育成論

ギギギアル育成論

投稿日:2015-02-09 更新日:

klinklang
ギアル→ギアル→ギギギアルと進化する、恐らく進化の名前だけなら単純さぶっちぎりトップなギギギアル。
見た目も進化してもあまり変わりません笑
今回は、そんなギギギアルについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:はがね
通常特性:プラス/マイナス
隠れ特性:クリアボディ
種族値
H60 A100 B115 C70 D85 S90

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:クリアボディ
努力値:H252 A252 S6
持ち物:オボンのみ
技:ギアチェンジ/ギアソーサー/ワイルドボルト/おんがえし

考察

役割

決して高いとは言えない種族値ですが、専用技である2つの技、ギアチェンジとギアソーサーを習得します。特にギアチェンジは強力で、攻撃が上昇するだけでなく、素早さに余りの努力値を割けば一度積むだけで準速95族まで抜くことができます。ただ、技の範囲がとても狭いため、苦手な相手が残っているまま闇雲に積むだけではうまく運用できないでしょう。

性格

少しでも火力を補強したいところなので、いじっぱりを採用しました。素早さは積めば十分すぎるほど出るので、ようきよりもメリットが大きいです。

特性

プラス・マイナスにはシングルでは全くメリットがないからクリアボディで確定…と思いきや、じばそうさを新たに獲得。そのため、プラス・マイナスにも一応の採用価値はできました。しかし、実用性は高くなく、クリアボディの方が優れていると言えるでしょう。いかくやぬめぬめなどに強くなります。

努力値

耐久に割くことでほとんどの不一致物理弱点を耐えられるため、HPに努力値を割きました。素早さを調整するのもありですが、無振りでも十分なため、耐久に割きました。

持ち物

耐久の補強にもなり、ワイルドボルトの試行回数を稼ぐこともできるオボンのみを採用しました。他にも耐久に振っているため、じゃくてんほけんも候補には挙がるでしょう。

✔ギアチェンジ
専用技。採用しない理由は見当たらない。
✔ギアソーサー
専用技。貴重なタイプ一致技であり、採用しない手はない。
✔ワイルドボルト
数少ないサブウェポン。採用はほぼ必須。
✔おんがえし
電気タイプにまともに通るのはこの技くらいしかない。火力も覚える中では高い。

まとめ

ギアソーサーは非常に強力で、積めばかなり優位に立てるのは間違いありませんが、元の種族値も決して高いわけではないため、一段階の攻撃上昇程度では抜きエースとしての十分な火力は得られなさそうです。じゃくてんほけんを採用すればその面を補うことができるかもしれませんが、うまく発動してくれないことも多く、なにかと火力が問題になりそうです。ギアソーサーで攻撃二段階上昇だったら、もっと活躍できたかもしれませんね。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ファイアロー育成論

カロスの序盤鳥ファイアロー。普段厳選のほのおのからだ要員として使っている方は多いのではないでしょうか。空を飛べるほのおのからだ、便利ですよね! そんなファイアローについて考察していきたいと思います。 …

ツンベアー育成論

白熊らしき見た目のツンベアー。 ツンデレーでは決してない。 そんなツンベアーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:ゆきがくれ 隠れ特性:すいすい 種族値 H95 A …

ポリゴン2育成論

アニメではポケモンショックと呼ばれる問題を起こしてしまったポリゴン2。 しんかのきせきの登場により、進化前であるこのポケモンがよく使われるようになりました。 今回は、そんなポリゴン2について考察してい …

ゲンガー育成論

いろいろ都市伝説的な噂の絶えないゲンガー。初代から登場する非常に古参なポケモンで、イメージは幽霊。 もりのようかんでは多くの人を怖がらせましたね。 そんなゲンガーについて考察していきたいと思います。 …

ハガネール育成論

ポッポと同じ攻撃種族値であることから度々ネタにされるイワークは、このハガネールの進化前。 対戦では新たにメガ進化も習得しました。 そんなハガネールについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生