ポケモン育成論

クイタラン育成論

投稿日:2015-02-15 更新日:

heatmor
アイアントを捕食していると図鑑に説明があるものの、対戦では逆にアイアントにストーンエッジで狩られてしまうことからネタにされていたクイタラン。
対戦ではまず見かけないというマイナーっぷり。
そんなクイタランについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ほのお
通常特性:くいしんぼう/もらいび
隠れ特性:しろいけむり
種族値
H85 A97 B66 C105 D66 S65

最適と考える型

性格:れいせい
特性:くいしんぼう
努力値:H252 C252 D6
持ち物:ヤタピのみ
技:だいもんじ/ゲップ/ギガドレイン/ふいうち

考察

役割

全体的にパッとしない種族値で、強いていうなれば特攻が若干高いかなというくらい。そのため、他の炎タイプの劣化となりやすく、炎タイプにしては珍しく習得するふいうちや、特性のくいしんぼうによるピンチ実の早期発動とゲップのコンボをうまく生かしていきたいところです。

性格

ふいうちは軸となる技なのでなるべく威力を下げたくなく、素早さが低いためれいせいを採用しました。耐久を素早さよりも優先したためれいせいの採用としましたが、もし素早さを耐久よりも優先するのであればうっかりやも候補です。

特性

しろいけむりは能力下降を防げるものの、今いちパッとしなく、他の炎タイプとの差別化につながりそうもありません。また、もらいびは習得する同タイプのライバルが多く、これも差別化につながるとは考え難いです。そのため一番個性が生かせそうなくいしんぼうを採用しました。ゲップとも好相性です。

努力値

鈍足特殊アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

くいしんぼうを生かすにはピンチ実に限られます。その中でも一番生かしやすいヤタピのみを採用しました。これ以外はあまり考えられません。

✔だいもんじ
主力一致技。オーバーヒートは覚えません。
✔ゲップ
炎タイプにしては珍しく習得する、アイデンティティとも言える技。
✔ギガドレイン
岩や地面に打てる、炎タイプにしては珍しい技。
✔ふいうち
最大の差別化点である技。必須です。

まとめ

特性ではくいしんぼう、技ではふいうちやゲップなど、一応形上は差別化できているものの、どうしても他の炎タイプと比べてしまうと扱いづらい感が拭えません。ある程度の使いづらさはあきらめ、愛を持って使う必要があるでしょう。ゲップを使うポケモンはあまりいないため、使っていて面白さはありそうです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マラカッチ育成論

体をリズミカルに動かすとマラカスのような音がするというマラカッチ。 対戦でも活躍させたいところです。 そんなマラカッチについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:くさ 通常特性:ちょすい/ …

カポエラー育成論

ブラジルの腿法であるカポエイラがモデルとなったと思われるカポエラー。 その独特なモーションは、一度見たら忘れないほど。 そんなカポエラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう …

ハッサム育成論

特性とタイプ一致によって実質威力90の先制技が放てるハッサム。 そのストッパー性能から、愛用者は数知れず。 そんなハッサムについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/はがね 通常特性 …

ルージュラ育成論

人種差別問題にもなったルージュラ。 その鳴き声は人間の言葉のようでも、何を言っているかはいまだ研究中の模様。 そんなルージュラについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり/エスパー …

レジアイス育成論

氷でできた体を持つレジアイス。 その体は氷であるにも関わらず、炎でも溶かせないそうです。 そんなレジアイスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:クリアボディ 種族値 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)