ポケモン育成論

デリバード育成論

投稿日:2015-02-19 更新日:

delibird
サンタの見た目なデリバード。
しっぽに入っているエサのおかげでエベレストを乗り切った人もいるそうな。
そんなデリバードについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:こおり/ひこう
通常特性:やるき/はりきり
隠れ特性:ふみん
種族値
H45 A55 B45 C65 D45 S75

最適と考える型

性格:ようき
特性:はりきり
努力値:A252 S252 H6
持ち物:きあいのタスキ
技:こおりのつぶて/れいとうパンチ/つばめがえし/みちづれ

考察

役割

全てにおいて低水準な種族値で、どう役割を持たせればいいのか困ります。強いていうなれば、特性はりきりを生かして物理アタッカーができそうなので、基本的にはその役割となりそうです。第六世代よりみちづれを習得したことにより、今までよりも幾分か使いやすくなりました。

性格

S75と他の能力よりも高いため、これを生かしたいところです。ようきを採用しました。いじっぱりで火力を補強する以上にメリットがあると感じます。みちづれも使いやすく。

特性

ふみんとやるきはさいみんじゅつやキノコのほうしを無効にできる優秀な特性であるものの、今一つパッとしません。デリバードのアイデンティティでもあるはりきりを採用しました。同タイプのフリーザー、デリバードよりも耐性が優秀なユキメノコとの差別化になります。

努力値

物理アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。余りの6はHPに振ることで、奇数となり、ステロ2回で落ちなくなります。

持ち物

絶望的な耐久を補えるきあいのタスキで確定でしょう。これ以外には考えられません。

✔こおりのつぶて
竜に通る貴重な先制技。必須です。
✔れいとうパンチ
主力一致技。必須です。
✔つばめがえし
主力一致技。威力は低いものの、氷技と合わせて範囲が広がります。
✔みちづれ
タスキと相性の良い優秀な技。

まとめ

はりきり補正を含めても攻撃はやっと並程度といった感じで、決して強いとは言えません。愛を持って使う必要がある他、4倍弱点をつける竜などにしぼって戦っていくのが最適でしょう。みちづれも強力な技であるため、積極的に活用していきたいところです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

レジロック育成論

体を構成している岩は全て別々の土地から集められたものだというレジロック。 現代の科学をもってしても謎は解明できないようです。 そんなレジロックについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:い …

プクリン育成論

体毛がきめ細やかでしなやかなプクリン。 そのせいで、二匹寄り添うとお互いに離れられなくなってしまうそう。 今回は、そんなプクリンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/フェア …

オコリザル育成論

自分を怒らせたものは世界の果てまで追いかけるというオコリザル。 誰かの視線を感じるだけで怒り出すそうです。 そんなオコリザルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性: …

ナゲキ育成論

柔道家をモチーフにしたと思われるナゲキ。ダゲキとは対となる存在ですね。ただこのナゲキとダゲキ、初めてデザインを見たときに少し抵抗があったのは私だけでしょうか?笑 今回はそんなナゲキについて考察をしてい …

ハピナス育成論

ポケモンセンターでジョーイさんの補助を行っているラッキーはハピナスの進化前。 BW(だったかな?)からタブンネにその位置を譲ることとなってしまいましたが、バトルではまだまだ強ポケ。 今回は、そんなハピ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)