ポケモン育成論

ウォーグル育成論

投稿日:2015-02-16 更新日:

braviary
ライバルの多いノーマル・飛行の一角を担うウォーグル。
当ブログの象徴であるムクホくんの方が強いと信じてます。
そんなウォーグルについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ノーマル/ひこう
通常特性:するどいめ/ちからずく
隠れ特性:まけんき
種族値
H100 A123 B75 C57 D75 S80

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:ちからずく
努力値:H252 A252 S6
持ち物:いのちのたま
技:ブレイブバード/ブレイククロー/いわなだれ/おいかぜ

考察

役割

高い攻撃と高水準な耐久を併せ持ちます。そのため、基本的には中速物理アタッカーとしての運用となるかと思います。特性ちからずくといのちのたまのシナジーにより、耐久を削られることなく大幅に技の威力を上げることができ、火力にもかなりの期待ができます。

性格

火力を補強するためいじっぱりを採用しました。一見そこそこの素早さを持つことからようきも選択肢としてありなのではないかと思われるかもしれませんが、その場合ムクホークやオオスバメなどをはじめとする同タイプのライバルが大きな壁として立ちはだかります。やはりいじっぱりで火力強化をして、耐久を生かしつつ戦っていくのが適していると言えるでしょう。

特性

するどいめは回避率を無視できるものの、他の特性に比べるとどうしても見劣りしてしまいます。残るはまけんきとちからずくですが、まけんきもいかくやぬめぬめからアドバンテージを得ることができ、キングシールドにも強くなるものの、いのちのたまで耐久を削られなくして火力を強化でき、個性も生かしやすいちからずくに比べるとどうしても劣りがち。そのため、ちからずくを採用しました。

努力値

中速物理アタッカーとしての運用となり、耐久も生かしていきたいため、これで問題ないでしょう。

持ち物

ちからずくと相性の良いいのちのたまを採用しました。他にも汎用性に優れるオボンのみも候補となりますが、やはりいのちのたまには及ばないか。

ブレイブバード
主力一致技。ちからずくの恩恵は受けないものの、外す理由はありません。
ブレイククロー
ちからずく込みでもおんがえしより威力、命中共に劣りますが、いのちのたまの反動を受けません。
いわなだれ
ちからずくの補正を受ける貴重なサブウェポン。同タイプとの差別化にもなります。
おいかぜ
味方のサポートに使える他、積み技感覚でも使えます。自由枠です。

まとめ

パッと見同タイプの優秀なポケモンの陰に隠れがちなように思えますが、うまく特性ちからずくと持ち物いのちのたまを生かしてあげると火力が爆発的に上がり、意外と働いてくれるようになるでしょう。耐久もそれなりにあるため、相手の攻撃を受けながら反撃する形になります。ただ、それにしては耐性が貧弱なことに注意が必要です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

レジアイス育成論

氷でできた体を持つレジアイス。 その体は氷であるにも関わらず、炎でも溶かせないそうです。 そんなレジアイスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:クリアボディ 種族値 …

ファイアロー育成論

カロスの序盤鳥ファイアロー。普段厳選のほのおのからだ要員として使っている方は多いのではないでしょうか。空を飛べるほのおのからだ、便利ですよね! そんなファイアローについて考察していきたいと思います。 …

ルナトーン育成論

月の形をモチーフにしたと思われるルナトーン。 ソルロックと対になる存在ですね。 今回は、そんなルナトーンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/エスパー 通常特性:ふゆう 種族値 …

カポエラー育成論

ブラジルの腿法であるカポエイラがモデルとなったと思われるカポエラー。 その独特なモーションは、一度見たら忘れないほど。 そんなカポエラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう …

クイタラン育成論

アイアントを捕食していると図鑑に説明があるものの、対戦では逆にアイアントにストーンエッジで狩られてしまうことからネタにされていたクイタラン。 対戦ではまず見かけないというマイナーっぷり。 そんなクイタ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)