ポケモン育成論

ファイアロー育成論

投稿日:2015-01-21 更新日:

talonflame
カロスの序盤鳥ファイアロー。普段厳選のほのおのからだ要員として使っている方は多いのではないでしょうか。空を飛べるほのおのからだ、便利ですよね!
そんなファイアローについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ほのお/ひこう
通常特性:ほのおのからだ
隠れ特性:はやてのつばさ
種族値
H78 A81 B71 C74 D69 S126

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:はやてのつばさ
努力値:A252 S252 H以外に6(ステロ奇数調整)
持ち物:こだわりハチマキ
技:ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼがえり/ねごと

考察

役割

終盤の抜きエース兼積み(りゅうのまいなど、素早さが上がるものが特に)アタッカーストッパーが主な役割となります。はやてのつばさにより、威力180の先制技が完成ですが、そこにハチマキを加えることでさらに性能を高めました。序盤鳥とは思えない強さを発揮します。

性格

上記の役割遂行性能を可能な限り高めるため、火力を最大にします。そのため、いじっぱりを採用。

特性

本来ほのおのからだも決して悪い特性ではないのですが、はやてのつばさが壊れ性能なため、こちらを採用。

努力値

火力を最大にするためA252はまず確定。あとは、ブレイブバード以外のはやてのつばさ対象外の技を先制で打つためにS252としました。残りの6ですが、ステロで半分削られてしまうタイプなため、奇数調整としてH以外に振ることを推奨します。

持ち物

火力を最大限に高めるためハチマキを採用。

✔ブレイブバード
特性により最大威力の先制技に化ける。絶対採用。
✔フレアドライブ
ブレバとの相性補完に優れるタイプ一致炎技。
✔とんぼがえり
流せる相手が多く、先発で運用することが多いので、ぜひとも採用したいところ。
✔ねごと
催眠対策。キノガッサなどに安心して後出しできます。

まとめ

使用感としては、ハチマキ補正タイプ一致威力120先制技(実質威力270)がとても強力であると感じました。ただし、種族値はそこまで高くはないため過信は禁物。実戦経験を多く積んで、何相手にブレバでどれだけのダメージが与えられるかを正確に把握しておくとますます使いこなすことができるでしょう。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ベロベルト育成論

映画では一瞬人と入れ替わってしまったことがあったベロベルト。 ノーマルタイプの例にもれず覚える技は豊富で、いろいろな芸当ができます。 しかし、いまいち決定力にかける種族値のため、実戦で使われることはあ …

ゲンガー育成論

いろいろ都市伝説的な噂の絶えないゲンガー。初代から登場する非常に古参なポケモンで、イメージは幽霊。 もりのようかんでは多くの人を怖がらせましたね。 そんなゲンガーについて考察していきたいと思います。 …

クレッフィ育成論

カギの形がモデルとなったクレッフィ。 いたずらごころからの先制補助技が強力で、対戦でもよく見かけます。 そんなクレッフィについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:はがね/フェアリー 通常 …

ナゲキ育成論

柔道家をモチーフにしたと思われるナゲキ。ダゲキとは対となる存在ですね。ただこのナゲキとダゲキ、初めてデザインを見たときに少し抵抗があったのは私だけでしょうか?笑 今回はそんなナゲキについて考察をしてい …

ハガネール育成論

ポッポと同じ攻撃種族値であることから度々ネタにされるイワークは、このハガネールの進化前。 対戦では新たにメガ進化も習得しました。 そんなハガネールについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)