ポケモン総合研究情報局

ポケモンに関する情報を幅広く扱います

ポケモン育成論

ジーランス育成論

投稿日:2015-01-22 更新日:

relicanth
RSでおふれのせきしつの謎を解くカギとなるポケモン。
対戦ではいしあたまによりタイプ一致反動なしでもろはのずつきを打つことができます。
今回はそんなジーランスについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:みず/いわ
通常特性:すいすい/いしあたま
隠れ特性:がんじょう
種族値
H100 A90 B130 C45 D65 S55

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:いしあたま
努力値:H252 A252 S6
持ち物:こだわりハチマキ
技:もろはのずつき/たきのぼり/じしん/しねんのずつき

考察

役割

ジーランスの強みは、なんといってももろはのずつき。ただでさえ威力150もあるものを、タイプ一致でさらに反動なしで打つことができます。持ち物をこだわりハチマキにすることでその実質威力は驚異の337.5。また、防御もかなり高く、並大抵の物理技では削られません。そのため、基本的には耐えつつ殴るという形で重火力アタッカーとして運用していくこととなります。

性格

とにかくもろはのずつきの火力を強化したいため、いじっぱりで確定です。

特性

すいすいとがんじょうも魅力的ですが、前者は天候の弱体化に伴い発動場面が限定的となり、後者は主力技でありジーランスのウリでもあるもろはのずつきとの相性が悪いです。やはりいしあたまが一番でしょう。

努力値

耐えつつ殴るというスタイルとなりますので、これで問題ないかと思います。

持ち物

爆発力を出すためハチマキを採用。止まらない火力となります。

✔もろはのずつき
ジーランスのウリでもあるタイプ一致主力技。ハチマキ時の実質威力は驚異の337.5!
✔たきのぼり
タイプ一致水技。技スペースはむしろ余り気味なため、外す理由はないでしょう。
✔じしん
岩技の通らない鋼に。
✔しぜんのずつき
岩技のとおらない格闘に。

まとめ

使用感としては、とにかくもろはのずつきの火力がすさまじく、相手のパーティへすごい負担をかけられると感じました。一発でもっていける相手も多く、使っていてとても気持ちがよかったです。ただ、もろはのずつきが強すぎて、他の技を使う機会が少ないのと、たまに外してしまうところが難点でしょうか。ただ、それは仕方がないと割り切る以外なさそうです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ベロベルト育成論

映画では一瞬人と入れ替わってしまったことがあったベロベルト。 ノーマルタイプの例にもれず覚える技は豊富で、いろいろな芸当ができます。 しかし、いまいち決定力にかける種族値のため、実戦で使われることはあ …

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

フリージオ育成論

雪の結晶の見た目をしたポケモン、フリージオ。 防御があり得ないほど低く、火力もそこまでなため、あまり使われていません。 ただ、フリーズドライの登場は大きな追い風となりました。 そんなフリージオについて …

マグカルゴ育成論

甲羅をしょっているカタツムリのようなマグカルゴ。 背中の甲羅は皮膚が冷えて固まっただけで、簡単に崩れてしまうそうです。 そんなマグカルゴについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ほのお/ …

グラエナ育成論

ポケモン最新作であるORASの序盤犬であるグラエナ。 初めの草むらでオダマキ博士を追いかけていたポチエナは、グラエナの進化前。 しかし、種族値の不足によりなかなか日の目を見ない。 この記事では、そんな …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生