ポケモン総合研究情報局

ポケモンに関する情報を幅広く扱います

ポケモン育成論

ヌメルゴン育成論

投稿日:2015-01-23 更新日:

goodra
XYにて新たに登場したドラゴンポケモンであるヌメルゴン。
個人的にドラゴンらしくなくかわいくてお気に入りです。
今回は、そんなヌメルゴンについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ドラゴン
通常特性:そうしょく/うるおいボディ
隠れ特性:ぬめぬめ
種族値
H90 A100 B70 C110 D150 S80

最適と考える型

性格:ひかえめ
特性:そうしょく
努力値:H252 C252 S6
持ち物:とつげきチョッキ
技:りゅうせいぐん/だいもんじ/10万ボルト/ヘドロばくだん

考察

役割

とにかく高い特殊耐久が目に留まります。ドラゴンタイプということで優秀な高威力打ち逃げ技であるりゅうせいぐんを習得可能なので、基本的には高い特殊耐久を生かして後出しして打ち逃げというスタイルになるかと思います。また、りゅうせいぐんが強力なため特殊型でご紹介しましたが、げきりんや珍しい技であるパワーウィップなどを覚えることもあり、物理型での運用も一考の価値はあると感じます。

性格

打ち逃げでの運用となるため、最大限まで火力を高めます。ひかえめを採用しました。ただし、特殊耐久をさらに強化したい場合、特防に補正をかけてもいいかもしれません。

特性

キノコのほうしなどの粉技を含む草技を無効にすることができ、耐性が増えるそうしょくを採用。ただし、攻撃アップの恩恵は受けられないのが残念なところ。こういったこともあり、隠れ特性であるぬめぬめの採用もありかもしれません。固有の特性ということもあり、ほかの特殊竜との差別点ともなります。また、うるおいボディは天候の弱体化に伴い発動が限定的となったため、他の特性にと比べやや劣るか。

努力値

もともと特殊耐久は十分なため、H252。さらに、打ち逃げということで火力を最大限に高めるためC252も確定です。ただ、とつげきチョッキとの相性を考えてD252もありかもしれません。

持ち物

特殊耐久を上げるならこれ。この型の肝です。

✔りゅうせいぐん
主力タイプ一致竜技。打ち逃げにはもってこいです。
✔だいもんじ
言わずと知れた、竜技と相性の良い補完炎技。
✔10万ボルト
サブウェポンですが、4倍をとらなければりゅうせいぐんに威力で劣ります。
✔ヘドロばくだん
主力技であるりゅうせいぐんを無効にする憎きフェアリーへ。

まとめ

使用感としては、特殊耐久が想像以上に高く、特殊相手に何度も操り出し相手パーティにうまく負担をかけていくことができました。ただ、これは竜全般にいえることですが、フェアリーが登場して以来打ち逃げでりゅうせいぐんを安易に打てなくなってしまいました、そのため、5世代までの竜のイメージで使用すると、若干の使いにくさを感じるかもしれません。

関連リンク

ヌメラだものグッズ

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

フリージオ育成論

雪の結晶の見た目をしたポケモン、フリージオ。 防御があり得ないほど低く、火力もそこまでなため、あまり使われていません。 ただ、フリーズドライの登場は大きな追い風となりました。 そんなフリージオについて …

メガカイロス育成論

サファリゾーンではカイロスをゲットしようと奮闘していた人も多いのではないでしょうか。 ヘラクロスと対をなす存在で、第六世代にてメガ進化を手に入れるまでは劣り気味でしたが、今では肩を並べるほどに。 そん …

ルナトーン育成論

月の形をモチーフにしたと思われるルナトーン。 ソルロックと対になる存在ですね。 今回は、そんなルナトーンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/エスパー 通常特性:ふゆう 種族値 …

カエンジシ育成論

XYミアレシティのレストラン・ド・キワミでの格言「カエンジシはホルビーを狩るにも容赦ない」はあまりにも有名。 さて、このカエンジシ、オスとメスで大きく姿が違いますよね。個人的にはオスの方がかっこいいと …

マンムー育成論

XYでは背中に乗って、氷を砕きながら進む場所がありましたね。サイホーンにサイホーンレースがあるのだから、マンムーにもマンムーレースがあるのかな?なんて考えたりします。 今回は、そんなマンムーについて考 …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生