ポケモン育成論

レジアイス育成論

投稿日:2015-03-04 更新日:

regice
氷でできた体を持つレジアイス。
その体は氷であるにも関わらず、炎でも溶かせないそうです。
そんなレジアイスについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:こおり
通常特性:クリアボディ
種族値
H80 A50 B100 C100 D200 S50

最適と考える型

性格:ひかえめ
特性:クリアボディ
努力値:H252 C252 S6
持ち物:オボンのみ
技:れいとうビーム/10万ボルト/きあいだま/でんじは

考察

役割

レジロックを特殊版にしたような種族値を持つレジアイス。特に特殊耐久は圧倒的で、かといって特攻も高水準です。そのため、基本的には高い特殊耐久を生かした重火力特殊アタッカーとしての役割となるでしょう。ハピナスのように特殊耐久が高い分防御が低いといったこともなく、大変扱いやすいポケモンであると言えます。ただし、単氷タイプであるため耐性に乏しい点には注意が必要です。

性格

火力を補強したいところです。ひかえめを採用しました。

特性

クリアボディしかありません。

努力値

重火力特殊アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

耐久の補佐となり、場持ちもよくなるオボンのみを採用しました。でんじはを使わないのであれば、こだわりメガネでさらに火力を補強したり、とつげきチョッキで耐久ももっと高くしたりしても面白いかもしれません。

✔れいとうビーム
必須の主力一致技。
✔10万ボルト
氷タイプにしては珍しい電気技。氷技の通らない水などへ。
✔きあいだま
命中不安でも高威力で範囲優秀なサブウェポン。氷技の通らない鋼などに。
✔でんじは
言うまでもなく優秀な補助技。低い素早さを補えます。

まとめ

特殊耐久が異常なまでに高く、単氷で耐性には乏しいものの、数値受けが期待できます。特殊に後出ししてそのまま殴ったり、流し際にでんじはでまひを撒いたりと、意外と器用なのもグッドです。ただし、同じ特殊数値受けのハピナスのよりも弱点が多く、再生回復技も持たないため、耐久への過信は禁物です。しっかりと後出しできる相手を見極めていくことが重要となるでしょう。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クイタラン育成論

アイアントを捕食していると図鑑に説明があるものの、対戦では逆にアイアントにストーンエッジで狩られてしまうことからネタにされていたクイタラン。 対戦ではまず見かけないというマイナーっぷり。 そんなクイタ …

ギギギアル育成論

ギアル→ギアル→ギギギアルと進化する、恐らく進化の名前だけなら単純さぶっちぎりトップなギギギアル。 見た目も進化してもあまり変わりません笑 今回は、そんなギギギアルについて考察していきたいと思います。 …

オンバーン育成論

ドラゴンタイプ随一の素早さを持つオンバーン。 その素早さから繰り出される高速りゅうせいぐんは強力です。 そんなオンバーンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ひこう/ドラゴン 通常特 …

バンギラス育成論

ずっと圧倒的な種族値と特性で環境のトップの1体として君臨し続けた強ポケ。 個人的には、不思議のダンジョンでフーディンチームに属していたことが印象に残っています。 今回は、そんなバンギラスについて考察し …

アマルルガ育成論

化石ポケモンの一角を担うアマルルガ。 タイプが不遇なためか対戦ではあまり見かけません。 そんなアマルルガについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/こおり 通常特性:フリーズスキン …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)