ポケモン育成論

レジスチル育成論

投稿日:2015-02-27 更新日:

registeel
何万年もの地底の圧力によってできた鋼の体を持つレジスチル。
体を構成する金属は、地球外の物質のようです。
そんなレジスチルについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:はがね
通常特性:クリアボディ
種族値
H80 A75 B150 C75 D150 S50

最適と考える型

性格:わんぱく
特性:クリアボディ
努力値:H252 B252 S6
持ち物:カゴのみ
技:アイアンヘッド/のろい/ドわすれ/ねむる

考察

役割

防御と特防が非常に高く、耐久に優れます。一方攻撃性能は低いものの、優秀な積み技を覚えるため、基本的には耐久積みアタッカーとしての役割となります。のろいとドわすれにより両方に強くなりますが、挑発そして特に急所に弱くなってしまっているのは難点です。しかし、急所の倍率が弱体化したのは追い風で、もし急所を受けても並大抵の技では落ちません。

性格

ドわすれで特防は二段階上昇できるのに対し、のろいでは防御は一段階です。そのため、防御特化とします。わんぱくを採用しました。

特性

クリアボディしかありません。

努力値

防御特化とするため、これで問題ないでしょう。

持ち物

ねむるを使うのでカゴのみで確定です。ただし、ねむるを搭載しない場合はたべのこしが候補でしょう。

✔アイアンヘッド
安定の一致技。
✔のろい
火力と耐久を同時に上げられる優秀な積み技。てっぺきも考えられますが、それだと受けられても突破できない、ということになりかねません。
✔ドわすれ
特防を上げられるのはこれだけです。
✔ねむる
必須の回復技。あらかじめ積むことができれば、素眠りも。

まとめ

とにかく耐久が凄まじく、非常に安定しています。ただその反面、火力は貧弱で、のろいも一回積んだ程度では全くと言っていいほど威力が出ません。そのため、ドわすれなども絡めて耐久を上げていき、のろいも複数回積んでいく必要があるでしょう。長期戦覚悟で使っていきます。しかし、つるぎのまいなどの強力な積み技には積み負けてしまうため、注意が必要です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

オニドリル育成論

大きな翼が特徴的なオニドリル。 一回も降りずに一日中飛び回ることができるそうです。 そんなオニドリルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう 通常特性:するどいめ 隠れ …

メガカイロス育成論

サファリゾーンではカイロスをゲットしようと奮闘していた人も多いのではないでしょうか。 ヘラクロスと対をなす存在で、第六世代にてメガ進化を手に入れるまでは劣り気味でしたが、今では肩を並べるほどに。 そん …

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

サワムラー育成論

実在のキックボクサーがモデルとなったサワムラー。 その足は自由に伸び縮みするようです。 そんなサワムラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:じゅうなん/すてみ …

アーマルド育成論

伸び縮みするツメで獲物を捕らえるというアーマルド。 化石から復活する古代のポケモンです。 そんなアーマルドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/むし 通常特性:カブトアーマー …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)