ポケモン総合研究情報局

ポケモンに関する情報を幅広く扱います

ポケモン育成論

ガラガラ育成論

投稿日:2015-02-18 更新日:

marowak
ポケモンタワーではゆうれいとして登場したガラガラ。
なかなかに悲しい話でしたね。
今回は、そんなガラガラについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:じめん
通常特性:いしあたま/ひらいしん
隠れ特性:カブトアーマー
種族値
H60 A80 B110 C50 D80 S45

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:いしあたま
努力値:H252 A252 S6
持ち物:ふといホネ
技:ホネブーメラン/ストーンエッジ/すてみタックル/ほのおのパンチ

考察

役割

種族値は至って平凡ですが、専用の道具ふといホネにより驚異の超火力になります。そのため、その超火力を生かした鈍足物理アタッカーとしての運用が主になるかと思います。ただし、高い攻撃を持つものの先制技を持たなく、耐久もそこまで高いわけでもないため、普通に使うと1体を倒すのが関の山となりそうです。味方のトリックルームなどによるサポートが欲しいところ。

性格

火力を補強したいため、これで問題ないでしょう。

特性

ひらいしんはじめんタイプだと全く恩恵が受けられない特性なため除外します。残るはカブトアーマーといしあたまですが、カブトアーマーは急所率が上がった影響もあり強化されたものの、受動的で発動機会も限定的です。そのため、いしあたまを採用しました。いしあたまであれば、一貫性があり主力級の技であるすてみタックルを無反動で使うことができます。

努力値

鈍足物理アタッカーとしての運用となるため、これで良いかと思います。

持ち物

専用道具であるふといホネを持たせない手はありません。攻撃力2倍。

✔ホネブーメラン
タスキやがんじょうを貫通する主力一致技。差別化にも。
✔ストーンエッジ
地面技と相性補完に優れる優秀なサブウェポン。
✔すてみタックル
一貫性に優れる高威力サブウェポン。特性によりデメリットなし。
✔ほのおのパンチ
厄介なナットレイやハッサムなどの4倍弱点へ。トリパでの運用であればつるぎのまいやはらだいこがおススメです。

まとめ

ふといホネによる火力は半端なく、攻撃を一度放つだけで相手パーティに与えるダメージはかなりのものです。そのため、一回でも多く攻撃させるために、いかに試行回数を稼ぐかがカギとなるでしょう。同タイプのライバルとしてはホルードがいて、向こうは先制技持ちで全体的に優れるため、トリックルームや壁貼りによる味方のサポートが欲しいところです。トリックルームを考えるのであれば、ゆうかん最遅にするのを忘れずに。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ペルシアン育成論

サカキもペットとして飼うペルシアン。 毛並みが美しく、ペットにしたがる人も多いようです。 そんなペルシアンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル 通常特性:じゅうなん/テクニ …

ギャロップ育成論

新幹線と同じ速度で走ることができ、その速さ時速240キロ。 とっても速いんですね。 そんなギャロップについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ほのお 通常特性:にげあし/もらいび 隠れ特 …

カエンジシ育成論

XYミアレシティのレストラン・ド・キワミでの格言「カエンジシはホルビーを狩るにも容赦ない」はあまりにも有名。 さて、このカエンジシ、オスとメスで大きく姿が違いますよね。個人的にはオスの方がかっこいいと …

メレシー育成論

ディアンシーの元ともいえるメレシー。 隠れ特性を手に入れるのが大変なポケモン。 そんなメレシーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/フェアリー 通常特性:クリアボディ 隠れ特性 …

グラエナ育成論

ポケモン最新作であるORASの序盤犬であるグラエナ。 初めの草むらでオダマキ博士を追いかけていたポチエナは、グラエナの進化前。 しかし、種族値の不足によりなかなか日の目を見ない。 この記事では、そんな …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生