ポケモン育成論

キングラー育成論

投稿日:2015-02-18 更新日:

kingler
カニがモデルとなったキングラー。
個人的にはシザリガーとはライバル関係にあると思ってます笑
そんなキングラーについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:みず
通常特性:かいりきバサミ/シェルアーマー
隠れ特性:ちからずく
種族値
H55 A130 B115 C50 D50 S75

最適と考える型

性格:ようき
特性:かいりきバサミ
努力値:A252 S252 H6
持ち物:こだわりスカーフ
技:クラブハンマー/ハサミギロキン/はたきおとす/ばかぢから

考察

役割

高い攻撃が目に留まり、130の大台に乗っています。防御も同じく高いですが、こちらはHPの関係でそこまで期待はできません。そのため、基本的には高い攻撃力を生かした物理アタッカーとしての運用となります。同じような技を覚えるシザリガーよりも素早さが優れているため、ここをスカーフで生かしていきたいところです。

性格

こだわりスカーフを捲くため、最速にします。最速130族を抜くことができます。

特性

シェルアーマーは急所率の上昇により相対的に強化されましたが、依然発動機会は限定的です。ちからずくもいわなだれを使う場合は有効ですが、今回は採用していないため除外。よって、かいりきバサミを採用しました。いかくによる攻撃ダウンや、キングシールドを気にせず動くことができます。

努力値

こだわりスカーフを捲くため、これで良いかと思います。

持ち物

スカーフ型ですので、こだわりスカーフで確定です。シザリガーとの差別化になります。

✔クラブハンマー
必須の主力一致技。
✔ハサミギロチン
どうしようもない相手への対抗手段。スカーフと好相性です。
✔はたきおとす
霊やエスパーへ弱点を突けるサブウェポン。
✔ばかぢから
厄介なナットレイを含む鋼へ。

まとめ

攻撃種族値が非常に高く、補正をかけずとも火力が期待できます。同じような技を持つシザリガーがライバルですが、スカーフ型にすることで差別化ができています。また、シザリガーに比べると防御が高く、スカーフ型だと気になる先制技にある程度強いのもポイントです。ギルガルドにキングシールドを恐れずはたきおとすを打てるのは大きな利点ですが、後出しはなかなか厳しいことに注意が必要です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プクリン育成論

体毛がきめ細やかでしなやかなプクリン。 そのせいで、二匹寄り添うとお互いに離れられなくなってしまうそう。 今回は、そんなプクリンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/フェア …

ポリゴン2育成論

アニメではポケモンショックと呼ばれる問題を起こしてしまったポリゴン2。 しんかのきせきの登場により、進化前であるこのポケモンがよく使われるようになりました。 今回は、そんなポリゴン2について考察してい …

クレッフィ育成論

カギの形がモデルとなったクレッフィ。 いたずらごころからの先制補助技が強力で、対戦でもよく見かけます。 そんなクレッフィについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:はがね/フェアリー 通常 …

カポエラー育成論

ブラジルの腿法であるカポエイラがモデルとなったと思われるカポエラー。 その独特なモーションは、一度見たら忘れないほど。 そんなカポエラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう …

サワムラー育成論

実在のキックボクサーがモデルとなったサワムラー。 その足は自由に伸び縮みするようです。 そんなサワムラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:じゅうなん/すてみ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)