ポケモン育成論

キングラー育成論

投稿日:2015-02-18 更新日:

kingler
カニがモデルとなったキングラー。
個人的にはシザリガーとはライバル関係にあると思ってます笑
そんなキングラーについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:みず
通常特性:かいりきバサミ/シェルアーマー
隠れ特性:ちからずく
種族値
H55 A130 B115 C50 D50 S75

最適と考える型

性格:ようき
特性:かいりきバサミ
努力値:A252 S252 H6
持ち物:こだわりスカーフ
技:クラブハンマー/ハサミギロキン/はたきおとす/ばかぢから

考察

役割

高い攻撃が目に留まり、130の大台に乗っています。防御も同じく高いですが、こちらはHPの関係でそこまで期待はできません。そのため、基本的には高い攻撃力を生かした物理アタッカーとしての運用となります。同じような技を覚えるシザリガーよりも素早さが優れているため、ここをスカーフで生かしていきたいところです。

性格

こだわりスカーフを捲くため、最速にします。最速130族を抜くことができます。

特性

シェルアーマーは急所率の上昇により相対的に強化されましたが、依然発動機会は限定的です。ちからずくもいわなだれを使う場合は有効ですが、今回は採用していないため除外。よって、かいりきバサミを採用しました。いかくによる攻撃ダウンや、キングシールドを気にせず動くことができます。

努力値

こだわりスカーフを捲くため、これで良いかと思います。

持ち物

スカーフ型ですので、こだわりスカーフで確定です。シザリガーとの差別化になります。

✔クラブハンマー
必須の主力一致技。
✔ハサミギロチン
どうしようもない相手への対抗手段。スカーフと好相性です。
✔はたきおとす
霊やエスパーへ弱点を突けるサブウェポン。
✔ばかぢから
厄介なナットレイを含む鋼へ。

まとめ

攻撃種族値が非常に高く、補正をかけずとも火力が期待できます。同じような技を持つシザリガーがライバルですが、スカーフ型にすることで差別化ができています。また、シザリガーに比べると防御が高く、スカーフ型だと気になる先制技にある程度強いのもポイントです。ギルガルドにキングシールドを恐れずはたきおとすを打てるのは大きな利点ですが、後出しはなかなか厳しいことに注意が必要です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

クレベース育成論

第六世代にて参戦した巨壁、クレベース。 その圧倒的な物理耐久は目を見張るものがあります。 そんなクレベースについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:マイペース/アイスボ …

パラセクト育成論

実はキノコの意思で活動しているというパラセクト。 キノコのほうし使いの一匹でもあります。 そんなパラセクトについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/くさ 通常特性:ほうし/かんそう …

グラエナ育成論

ポケモン最新作であるORASの序盤犬であるグラエナ。 初めの草むらでオダマキ博士を追いかけていたポチエナは、グラエナの進化前。 しかし、種族値の不足によりなかなか日の目を見ない。 この記事では、そんな …

ファイアロー育成論

カロスの序盤鳥ファイアロー。普段厳選のほのおのからだ要員として使っている方は多いのではないでしょうか。空を飛べるほのおのからだ、便利ですよね! そんなファイアローについて考察していきたいと思います。 …

ガラガラ育成論

ポケモンタワーではゆうれいとして登場したガラガラ。 なかなかに悲しい話でしたね。 今回は、そんなガラガラについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:じめん 通常特性:いしあたま/ひらいしん …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生