ポケモン育成論

キングラー育成論

投稿日:2015-02-18 更新日:

kingler
カニがモデルとなったキングラー。
個人的にはシザリガーとはライバル関係にあると思ってます笑
そんなキングラーについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:みず
通常特性:かいりきバサミ/シェルアーマー
隠れ特性:ちからずく
種族値
H55 A130 B115 C50 D50 S75

最適と考える型

性格:ようき
特性:かいりきバサミ
努力値:A252 S252 H6
持ち物:こだわりスカーフ
技:クラブハンマー/ハサミギロキン/はたきおとす/ばかぢから

考察

役割

高い攻撃が目に留まり、130の大台に乗っています。防御も同じく高いですが、こちらはHPの関係でそこまで期待はできません。そのため、基本的には高い攻撃力を生かした物理アタッカーとしての運用となります。同じような技を覚えるシザリガーよりも素早さが優れているため、ここをスカーフで生かしていきたいところです。

性格

こだわりスカーフを捲くため、最速にします。最速130族を抜くことができます。

特性

シェルアーマーは急所率の上昇により相対的に強化されましたが、依然発動機会は限定的です。ちからずくもいわなだれを使う場合は有効ですが、今回は採用していないため除外。よって、かいりきバサミを採用しました。いかくによる攻撃ダウンや、キングシールドを気にせず動くことができます。

努力値

こだわりスカーフを捲くため、これで良いかと思います。

持ち物

スカーフ型ですので、こだわりスカーフで確定です。シザリガーとの差別化になります。

✔クラブハンマー
必須の主力一致技。
✔ハサミギロチン
どうしようもない相手への対抗手段。スカーフと好相性です。
✔はたきおとす
霊やエスパーへ弱点を突けるサブウェポン。
✔ばかぢから
厄介なナットレイを含む鋼へ。

まとめ

攻撃種族値が非常に高く、補正をかけずとも火力が期待できます。同じような技を持つシザリガーがライバルですが、スカーフ型にすることで差別化ができています。また、シザリガーに比べると防御が高く、スカーフ型だと気になる先制技にある程度強いのもポイントです。ギルガルドにキングシールドを恐れずはたきおとすを打てるのは大きな利点ですが、後出しはなかなか厳しいことに注意が必要です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クレベース育成論

第六世代にて参戦した巨壁、クレベース。 その圧倒的な物理耐久は目を見張るものがあります。 そんなクレベースについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:マイペース/アイスボ …

パンプジン育成論

パンプジンといえばやはり大きさ。 小・中・大・特大と四種類あって、とてもユニークですよね。 今回は、そんなパンプジン(特大)について考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ゴースト/くさ 通常 …

ルージュラ育成論

人種差別問題にもなったルージュラ。 その鳴き声は人間の言葉のようでも、何を言っているかはいまだ研究中の模様。 そんなルージュラについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり/エスパー …

レジアイス育成論

氷でできた体を持つレジアイス。 その体は氷であるにも関わらず、炎でも溶かせないそうです。 そんなレジアイスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:クリアボディ 種族値 …

ムクホーク育成論

当サイトの象徴でもあるムクホーク。 一般的にマイナーな部類に属すポケモンが多い序盤鳥の優等生。 今回は、そんなムクホークについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう 通常特 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)