ポケモン育成論

メガカイロス育成論

投稿日:2015-01-23 更新日:

pinsir
サファリゾーンではカイロスをゲットしようと奮闘していた人も多いのではないでしょうか。
ヘラクロスと対をなす存在で、第六世代にてメガ進化を手に入れるまでは劣り気味でしたが、今では肩を並べるほどに。
そんなカイロスについて考察していきたいと思います。

基本情報

通常時

タイプ:むし
通常特性:かいりきバサミ/かたやぶり
隠れ特性:じしんかじょう
種族値
H65 A125 B100 C55 D70 S85

メガ進化後

タイプ:むし/ひこう
特性:スカイスキン
種族値
H65 A155 B120 C65 D90 S105

最適と考える型

性格:ようき
特性:かたやぶり→スカイスキン
努力値:A252 S252 H6
持ち物:カイロスナイト
技:おんがえし/インファイト/じしん/フェイント

考察

役割

メガ進化によって攻撃と素早さが大幅に強化され、アタッカー性能に磨きがかかります。さらに、特性のスカイスキンによってノーマル技の威力がタイプ一致1.3倍飛行技となり、火力がさらに上がります。基本的には、この超火力を生かした高速物理アタッカーとしての運用が基本となるでしょう。

性格

メガ進化後のS105は激戦区なため最速にします。ようきを採用。

特性

メガ進化後はスカイスキンで確定です。問題はメガ進化前ですが、これはどの特性にも利点があるので、よく考え決められるとよいかと思います。かいりきバサミはメガ進化前の威嚇による攻撃ダウンを気にせず運用でき、じしんかじょうはメガ進化前にとどめを刺すことで攻撃アップの状態でメガ進化することができます。私はじしんの一貫性が増すかたやぶりを採用しましたが、どれも採用の価値はあるかと思います。

努力値

高速物理アタッカーとしての運用となるため、これで問題ないかと思います。
持ち物
メガ進化が軸となりますので、これで確定です。

✔おんがえし
スカイスキンによってかなりの火力に。外せない主力技。
✔インファイト
飛行技と合わせると攻撃範囲が広がります。優秀な相性補完技。
✔じしん
メガ進化前には、かたやぶりによって一貫性のある技となります。
✔フェイント
スカイスキンで強化される貴重な先制技。優先度+。

まとめ

使用感としては、とにかくメガ進化後の火力がすごいことにつきます。高い素早さによって抜き性能も高く、終盤には相手を一掃してくれます。ただ、メガ進化前の素早さが低く、安全にメガ進化できる相手がそれなりに限られてしまうのが難点。じしんを抜いてまもるを入れてもいいかもしれません。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

レジスチル育成論

何万年もの地底の圧力によってできた鋼の体を持つレジスチル。 体を構成する金属は、地球外の物質のようです。 そんなレジスチルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:はがね 通常特性:クリ …

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

サワムラー育成論

実在のキックボクサーがモデルとなったサワムラー。 その足は自由に伸び縮みするようです。 そんなサワムラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:じゅうなん/すてみ …

ウォーグル育成論

ライバルの多いノーマル・飛行の一角を担うウォーグル。 当ブログの象徴であるムクホくんの方が強いと信じてます。 そんなウォーグルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう …

ムクホーク育成論

当サイトの象徴でもあるムクホーク。 一般的にマイナーな部類に属すポケモンが多い序盤鳥の優等生。 今回は、そんなムクホークについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう 通常特 …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生