ポケモン育成論

ゼブライカ育成論

投稿日:2015-02-26 更新日:

zebstrika
稲妻のような瞬発力で、全速力で走ると雷鳴が響き渡るというゼブライカ。
気性が激しく、鬣から四方八方に電撃を打ちまくることもあるそうです。
そんなゼブライカについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:でんき
通常特性:ひらいしん/でんきエンジン
隠れ特性:そうしょく
種族値
H75 A100 B63 C80 D63 S116

最適と考える型

性格:せっかち
特性:そうしょく
努力値:A252 S252 H6
持ち物:いのちのたま
技:ワイルドボルト/すてみタックル/オーバーヒート/さきどり

考察

役割

攻撃と素早さが高く、耐久は低水準です。そのため、基本的にはそれを生かした高速物理アタッカーとしての役割となります。単電気タイプであるが故、元々の耐性は少ないものの、特性はどれも耐性を増やせる優秀なもので、比較的繰り出していきやすいポケモンであると言えます。また、特攻も攻撃ほどではないもののそこそこあり、ぜひとも欲しい炎技であるオーバーヒートを覚えるため、こちらも活用していきたいところです。

性格

115族を抜ける絶妙な素早さを生かすために素早さに補正をかけますが、攻撃、特攻両方とも使うため、どちらにも下降補正はかけたくありません。そのため、防御か特防のどちらかを下げる必要がありますが、耐性のあるタイプが電気や草と特殊が多いため、防御を下げます。よってせっかちを採用しました。ただし、先制技に備えたいのであればむじゃきも十分考えられるでしょう。

特性

どれも耐性を増やせる優秀な特性です。でんきエンジンに関しては電気タイプへの耐性が上がるものの、元々素早さは高いため恩恵を受けづらい感じが否めません。また、ひらいしんとそうしょくでは、元々電気への耐性はあるため、新たに草への耐性が得られるそうしょくの方が優秀な感じがします。さらに、攻撃を受けるとひらいしんは特攻が上昇するのに対して、そうしょくはメインである攻撃が上がるため、この点でもそうしょくの方がより優れていると言えるでしょう。とはいえ、好みの部分があり、パーティとの相談も大事でしょう。

努力値

高速物理アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

物理、特殊どちらも強化することのできるいのちのたまを採用しました。他の候補としては、唯一の弱点である地面にある程度強くなるふうせん辺りでしょうか。

✔ワイルドボルト
必須の主力一致技。
✔すてみタックル
技が貧相なため、電気に耐性のある相手にはこの程度しかない。
✔オーバーヒート
対鋼などに幅広く。4倍を狙える。
✔さきどり
主に対竜、霊に。さきどりで威力アップのりゅうせいぐんやげきりん、シャドボが打てればおいしい。

まとめ

素早さが高く攻撃もそこそこと、数値の性能でみるとなかなかであると言えます。ただ、技がとても貧相で、まともに使える物理技はワイルドボルトとすてみタックル程度しかありません。そのため、特殊技でありながら範囲優秀なオーバーヒートや、対竜などで一発逆転が見込めるさきどりをうまく使っていきたいところです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ルナトーン育成論

月の形をモチーフにしたと思われるルナトーン。 ソルロックと対になる存在ですね。 今回は、そんなルナトーンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ/エスパー 通常特性:ふゆう 種族値 …

マラカッチ育成論

体をリズミカルに動かすとマラカスのような音がするというマラカッチ。 対戦でも活躍させたいところです。 そんなマラカッチについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:くさ 通常特性:ちょすい/ …

ウォーグル育成論

ライバルの多いノーマル・飛行の一角を担うウォーグル。 当ブログの象徴であるムクホくんの方が強いと信じてます。 そんなウォーグルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう …

ベロベルト育成論

映画では一瞬人と入れ替わってしまったことがあったベロベルト。 ノーマルタイプの例にもれず覚える技は豊富で、いろいろな芸当ができます。 しかし、いまいち決定力にかける種族値のため、実戦で使われることはあ …

パンプジン育成論

パンプジンといえばやはり大きさ。 小・中・大・特大と四種類あって、とてもユニークですよね。 今回は、そんなパンプジン(特大)について考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ゴースト/くさ 通常 …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生