ポケモン育成論

ラムパルド育成論

投稿日:2015-02-26 更新日:

rampardos
強烈な頭突きの攻撃は、どんな頑丈な物でも粉砕してしまうというラムパルド。
その頭蓋骨は厚さ30cmもあると言います。
そんなラムパルドについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:いわ
通常特性:かたやぶり
隠れ特性:ちからずく
種族値
H97 A165 B60 C65 D50 S58

最適と考える型

性格:ようき
特性:かたやぶり
努力値:A252 S252 H6
持ち物:こだわりスカーフ
技:もろはのずつき/じしん/ばかぢから/ほのおのパンチ

考察

役割

圧倒的な攻撃力がまず目に留まります。その種族値なんと165。メガ進化及び伝説を除く堂々の一位です。そのため、基本的にはその圧倒的な攻撃を生かした物理アタッカーとしての役割となります。ただ、耐久はあまり期待できないため、この型では最速でこだわりスカーフを持たせ先手を取ることでそれをカバーしています。最速スカーフで112族まで抜くことができます。

性格

最速でスカーフを持たせたいため、ようきを採用しました。

特性

ほのおのパンチの威力が上がるちからずくも魅力的ですが、やはりじしんの一貫性が大幅に上がるかたやぶりの方が優秀でしょう。素早さで抜いているゲンガーにも通ります。

努力値

最速スカーフの物理アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

この型の要であるため、こだわりスカーフで確定です。

✔もろはのずつき
必須の主力一致技。
✔じしん
岩技との相性補完に優れる優秀なサブウェポン。かたやぶりで一貫性が増します。
✔ばかぢから
対鋼や、岩や地面で弱点のつけないノーマルや悪に。
✔ほのおのパンチ
ハッサムやナットレイなどの4倍弱点で。

まとめ

とにかく火力が凄まじく、攻撃回数を稼ぐことが相手のパーティ破壊に直結するでしょう。弱点を突ける範囲も多く、特性かたやぶりにより一貫性の増したじしんを打つこともでき、使いやすさも抜群です。ただ反面、単岩タイプであるが故耐性は全くと言っていいほど期待できず、後出しするのにも一苦労です。うまくとんぼがえりによるサポートや、死に出しを利用してできる限り試行回数を稼いでいきたいところです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダグトリオ育成論

ふうせんで浮かない。テレキネシスでも浮かない。スカイバトルでも浮かない。 そんな様子から、地面の下の姿が度々ネタにされるダグトリオ。 今回は、そんなダグトリオについて考察していきたいと思います。 基本 …

ウォーグル育成論

ライバルの多いノーマル・飛行の一角を担うウォーグル。 当ブログの象徴であるムクホくんの方が強いと信じてます。 そんなウォーグルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル/ひこう …

トロピウス育成論

果物が大好物で、食べ続けていたために首にできるようになったというトロピウス。 1年に2回実をつけるようです。 そんなトロピウスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:くさ/ひこう 通常 …

ハガネール育成論

ポッポと同じ攻撃種族値であることから度々ネタにされるイワークは、このハガネールの進化前。 対戦では新たにメガ進化も習得しました。 そんなハガネールについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ …

デリバード育成論

サンタの見た目なデリバード。 しっぽに入っているエサのおかげでエベレストを乗り切った人もいるそうな。 そんなデリバードについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり/ひこう 通常特性: …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)