ポケモン育成論

ダグトリオ育成論

投稿日:2015-02-04 更新日:

dugtrio
ふうせんで浮かない。テレキネシスでも浮かない。スカイバトルでも浮かない。
そんな様子から、地面の下の姿が度々ネタにされるダグトリオ。
今回は、そんなダグトリオについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:じめん
通常特性:すながくれ/ありじごく
隠れ特性:すなのちから
種族値
H35 A80 B50 C50 D70 S120

最適と考える型

性格:ようき
特性:ありじごく
努力値:A252 S252 H6
持ち物:こだわりハチマキ
技:じしん/ストーンエッジ/ふいうち/じわれ

考察

役割

貧相な種族値で、目立った能力といえば素早さ程度。一見どのように使っても良い働きをしてくれなさそうですが、特性ありじごくが非常に強力。高い素早さと相まって、逃さず安全に狩れる相手も多いです。そのため、基本的には、狩り用の物理アタッカーとして運用していくことになります。

性格

素早さを潰しては狩れる範囲が狭まってしまうため、ようきを採用しました。いじっぱりで火力を補強する以上のメリットが感じられます。

特性

すなのちからやすながくれも面白い特性ですが、天候弱体化が痛い…と言う以前に、ダグトリオのアイデンティティでもあり、使用する意味でもあるありじごくしかあり得ません。

努力値

高速物理アタッカーとして狩っていくことになりますので、これで問題ないでしょう。

持ち物

半端な火力を補強するためこだわりハチマキを採用しました。狩れる相手が増えます。また、きあいのタスキも攻撃回数を稼げ、タイマンに強くなるため良いでしょう。

✔じしん
外す理由のない主力一致技。
✔ストーンエッジ
地面技と相性の良いサブウェポン。
✔ふいうち
高威力の先制技。体力の少ない相手を確実に狩れます。
✔じわれ
どうしようもない相手でも突破できる、非常に強力な技。ダグトリオが使うとなおさら強力です。

まとめ

使用感としては、こだわりハチマキによって火力もいい感じに補強され、しっかりと狩りの仕事をこなしてくれているように感じました。どうしようもない相手に対しても、ありじごくで縛ってじわれで突破できたりと、とても優秀な子です。ただ、しんそくやハッサムのバレパンなどで軽く落ちてしまうため、そこの辺りは注意する必要があります。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

クイタラン育成論

アイアントを捕食していると図鑑に説明があるものの、対戦では逆にアイアントにストーンエッジで狩られてしまうことからネタにされていたクイタラン。 対戦ではまず見かけないというマイナーっぷり。 そんなクイタ …

ラグラージ育成論

キモクナーイなラグラージ。 決してキモクナーイのである。 そんなキモクナーイについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:みず/じめん 通常特性:げきりゅう 隠れ特性:しめりけ 種族値 H1 …

バスラオ育成論

BWでは素早さの努力値を稼ぐために可哀想にも狩られまくっていたバスラオ。 そんなバスラオですが、トリトドンと同じように赤と青の色がそれぞれ存在します(色違いじゃないですよ!)。 しかし、バスラオは種族 …

メガカイロス育成論

サファリゾーンではカイロスをゲットしようと奮闘していた人も多いのではないでしょうか。 ヘラクロスと対をなす存在で、第六世代にてメガ進化を手に入れるまでは劣り気味でしたが、今では肩を並べるほどに。 そん …

ラムパルド育成論

強烈な頭突きの攻撃は、どんな頑丈な物でも粉砕してしまうというラムパルド。 その頭蓋骨は厚さ30cmもあると言います。 そんなラムパルドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ 通常 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)