ポケモン総合研究情報局

ポケモンに関する情報を幅広く扱います

ポケモン育成論

パンプジン育成論

投稿日:2015-01-24 更新日:

gourgeist
パンプジンといえばやはり大きさ。
小・中・大・特大と四種類あって、とてもユニークですよね。
今回は、そんなパンプジン(特大)について考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ゴースト/くさ
通常特性:ものひろい/おみとおし
隠れ特性:ふみん
種族値
H85 A100 B122 C58 D75 S54

最適と考える型

性格:わんぱく
特性:おみとおし
努力値:H252 B252 S6
持ち物:たべのこし
技:かげうち/タネばくだん/おにび/やどりぎのタネ

考察

役割

サイズが大きくなるにつれてHPと攻撃が上昇していき、逆に素早さが下がっていきます。今回は特大を採用していますので、上がったHPと高い防御を生かした物理受けとしての役割が主となります。

性格

物理受けとしての運用となるため、わんぱくを採用しました。火力面を重視して、相手にプレッシャーをかけていきたいのであれば、いじっぱりもありでしょう。ただし、その場合は努力値を攻撃に割きましょう。

特性

ものひろいは対戦では役に立たない特性であるため、まず除外できます。問題はおみとおしとふみんの選択ですが、前者はすべての相手に対して発動機会があるのに対して、後者は草タイプの特徴上キノコのほうしやねむりごな粉系の技を元々無効にできることもあり、やや限定的です。よって、おみとおしを採用しました。

努力値

物理受けとしての運用となるため、これで問題ないかと思います。

持ち物

やどりぎのタネとシナジーのあるたべのこしを採用。他にも候補としてはゴツゴツメットがあり、こちらも貴重なダメージソースとなってくれるでしょう。ただし、接触の多い格闘技やノーマル技は無効にしてしまう点に注意。

✔かげうち
貴重なタイプ一致先制技。小回りが利くようになり、タイマン性能もあがります。
✔タネばくだん
主力のタイプ一致草技。ゴーストダイブは扱いづらく、かげうちのタイプが被るのでこちらを採用。
✔おにび
言わずと知れた優秀な補助技。物理受けの役割と好相性です。
✔やどりぎのタネ
こちらも優秀な補助技。貴重なダメージ源となる他、場持ちもよくなります。

まとめ

使用感としては、物理耐久は高水準で問題ないものの、回復技が欲しいと思う場面が多かったです。そのため、いたみわけやねむるの採用が考えられますが、ORASより新たに教え技でこうごうせいを習得したため、基本的にはこちらになるでしょう。また、思った以上にやどりぎのタネが生きる場面が多いと感じました。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ハッサム育成論

特性とタイプ一致によって実質威力90の先制技が放てるハッサム。 そのストッパー性能から、愛用者は数知れず。 そんなハッサムについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/はがね 通常特性 …

レジアイス育成論

氷でできた体を持つレジアイス。 その体は氷であるにも関わらず、炎でも溶かせないそうです。 そんなレジアイスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:こおり 通常特性:クリアボディ 種族値 …

パラセクト育成論

実はキノコの意思で活動しているというパラセクト。 キノコのほうし使いの一匹でもあります。 そんなパラセクトについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/くさ 通常特性:ほうし/かんそう …

アリアドス育成論

ペンドラーという壁が大きく立ちはだかるアリアドス。 不遇ポケモンの代表格でしたが、ついにメガホーンを習得しました! そんなアリアドスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/どく …

ラムパルド育成論

強烈な頭突きの攻撃は、どんな頑丈な物でも粉砕してしまうというラムパルド。 その頭蓋骨は厚さ30cmもあると言います。 そんなラムパルドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ 通常 …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生