ポケモン育成論

アーマルド育成論

投稿日:2015-03-04 更新日:

armaldo
伸び縮みするツメで獲物を捕らえるというアーマルド。
化石から復活する古代のポケモンです。
そんなアーマルドについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:いわ/むし
通常特性:カブトアーマー
隠れ特性:とつげきチョッキ
種族値
H75 A125 B100 C70 D80 S45

最適と考える型

性格:いじっぱり
特性:カブトアーマー
努力値:H252 A252 S6
持ち物:じゃくてんほけん
技:アクアジェット/ストーンエッジ/シザークロス/じしん

考察

役割

攻撃がかなり高く、防御も高水準です。そのため、基本的には高い攻撃を生かした重火力物理アタッカーとしての役割が主となります。先制技のアクアジェットを習得したことで一気に使いやすくなり、活躍の幅が増えました。ただ、特性があまり強力でないのは難点か。

性格

火力を補強するためいじっぱりを採用しました。

特性

すいすいは天候の弱体化が多きく、また、主力の水技を覚えないため火力も上がらなかったりと微妙です。そのため、カブトアーマーを採用しました。第六世代より確定急所なる戦法も登場したため、活躍する機会は増えました。

努力値

重火力物理アタッカーとしての役割となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

微妙な特防を補えるとつげきチョッキを採用しました。元々防御が高いため、高いタイマン性能を得ることができます。他の候補としては火力を底上げでき、打ち逃げに向くこだわりハチマキも挙がりますが、その場合はアクアジェットとの打ち分けができなくなる点に注意が必要です。

✔アクアジェット
鈍足にはうれしい先制技。
✔ストーンエッジ
主力の一致技。
✔シザークロス
主力の一致技。
✔じしん
一致技を両方とも半減する鋼に。

まとめ

防御は素の状態でも高いため、とつげきチョッキで特防を補ってあげることで高いタイマン性能を発揮してくれます。また、残念ながらタイプ不一致ではあるものの先制技を習得したのも非常に大きく、使いやすさがかなり増したポケモンであると言えるでしょう。しっかり使ってあげればそれなりの活躍をしてくれそです。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パルシェン育成論

カラが非常に固く、それはナパーム弾でも壊せないという。 個人的には、中身が気になります笑 おいしいんでしょうかね? そんなパルシェンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:みず/こおり …

ポリゴン2育成論

アニメではポケモンショックと呼ばれる問題を起こしてしまったポリゴン2。 しんかのきせきの登場により、進化前であるこのポケモンがよく使われるようになりました。 今回は、そんなポリゴン2について考察してい …

トリデプス育成論

立ちはだかる巨壁ことトリデプス。 防御面で非常に優秀な種族値を持つものの、タイプが不遇(4倍弱点が2つもある)なため、ほとんど使われることのない、いわゆるマイナーポケモンです。 そんなトリデプスを考察 …

カクレオン育成論

ルビー・サファイアではジムの前に居座り、多くのトレーナーを苦しめました。 こういった珍しい特徴を持つカクレオンについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノーマル 通常特性:へんしょく 隠 …

ギギギアル育成論

ギアル→ギアル→ギギギアルと進化する、恐らく進化の名前だけなら単純さぶっちぎりトップなギギギアル。 見た目も進化してもあまり変わりません笑 今回は、そんなギギギアルについて考察していきたいと思います。 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)