ポケモン対戦論

クレセドランの構築と対策

投稿日:2015-02-15 更新日:

クレセドランとは

cresseliaheatran
クレセドランとは、第四世代で注目されて以来長く愛されている構成です。クレセリアの苦手な虫をヒードランが、逆にヒードランが苦手な地面や格闘をクレセリアが受けることができ、非常に相性補完に優れているのが特徴です。また、両方とも、特にクレセリアは耐久が高く、攻撃面として強い構成というよりかはむしろ、防御面が強く、崩すのが非常に難しい構成であると言えるでしょう。ちなみに、クレセリアは物理受け構成、ヒードランは最速どくみがまも構成であることがほとんどです。

クレセドランの対策

そんなクレセドランにも弱点はしっかりとあります。特に第六世代に入って、鋼タイプであるヒードランがクレセリアの弱点である悪・霊を半減できなくなり、相性補完に瑕がついたのも対策を取りやすくしています。以下に、特にクレセドランに強いポケモンを挙げていきます。

メガギャラドス

gyarados-mega
水・悪というタイプ構成により、クレセリア、ヒードラン両方に対してタイプ一致で弱点を突くことができます。また、耐性的にもエスパー、炎、鋼を半減することができ、非常に優秀です。受けるにしても突破するにしても強い、最もオススメの対策です。

バンギラス

tyranitar5B15D
ヒードランはどくみがまも構成がほとんどなので、鋼技を搭載しているケースは稀です。そのため、向こうから弱点をつかれることなくこちらからは弱点を突くことができるため、非常に有利であると言えます。ただし、交代際などにどくどくを食らってしまうと乗り切られてしまう可能性があるため、運用には注意が必要です。(バンギラス育成論

まとめ

クレセリア、ヒードランは有利な相手とそうでない相手を非常に選ぶため、紹介したポケモンのように両者が苦手とするもので攻めればサイクルが回らなくなり突破することができます。他にも、一撃技でクレセリアに役割破壊を決めてしまう戦術や、つるぎのまいなどで決定力を上げて突破する戦術も有効です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン対戦論

執筆者:

関連記事

no image

サザンガルドの構築と対策

サザンガルドとは サザンガルドとは第六世代で新たに登場した、相性補完に優れた組み合わせです。この組み合わせで、なんとすべてのタイプを半減以下に抑えることができます! そのため、サイクル戦に非常に優れた …

no image

ブルナットの構築と対策

ブルナットとは ブルナットとは、主に第五世代で良く使われていた構成です。ブルンゲルの苦手な電気や草をナットレイが補い、逆にナットレイの苦手な格闘や炎をブルンゲルが補えることから、その当時は見かけること …

no image

ゲンガナンスの構築と対策

ゲンガナンスとは ゲンガナンスとは、メガゲンガーとソーナンス2体に共通する特性であるかげふみを軸とした構成です。メガゲンガーでほろびのうたを使い、ソーナンスへ交代することでターンを無理やり稼いでいきま …

no image

月光乱舞の構築と対策

月光乱舞とは 月光乱舞とは、エースアタッカーが活躍しダメージを受けた後に、クレセリアがみかづきのまいを使うことでそのエースアタッカーを再降臨させ、相手のパーティに大きな負担をかけていくことを軸とした構 …

no image

メガガルーラの弱点と対策

最終更新:ORASリーグシーズン8 第六世代にてメガ進化を手に入れ大幅に強化されたガルーラ。 完全に環境を支配していて、もはやメガガルーラの対策なくしてどうやって勝つのかというレベルです。 そんなメガ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)