ポケモン対戦論

ゲンガナンスの構築と対策

投稿日:2015-02-15 更新日:

ゲンガナンスとは

gengar5B15Dwobbuffet
ゲンガナンスとは、メガゲンガーとソーナンス2体に共通する特性であるかげふみを軸とした構成です。メガゲンガーでほろびのうたを使い、ソーナンスへ交代することでターンを無理やり稼いでいきます。この構成の恐ろしいところは、かげふみが無効であるゴーストなど一部のポケモンを除き、ほぼすべてのポケモンに戦術が通用してしまう点です。その点でも、対策は必須であると言えるでしょう。

ゲンガナンスの対策

ポケモンで対策するというよりも、搭載する技や道具で対策するのが良いでしょう。そもそもの構成のより処であるかげふみを無効にしてしまうのが、手っ取り早くかつ確実です。他にもほろびのうたを無効にする方法もあります。

きれいなぬけがら

かげふみに縛られることなく、確実に交代できます。持たせるだけなので一番対策しやすく、また、一番確実な方法です。ただし、持ち物がこの戦術の対策だけに限定されてしまう点には注意が必要です。かげふみ以外にはほぼ効力を発揮しません。

ちょうはつ

ほろびのうたをちょうはつで封じてしまうことで、相手の有効打をなくします。ただし、きれいなぬけがらと違い、交代は依然としてできないことに注意が必要です。

スカーフシャンデラ

chandelure
タイプ上かげふみが無効で、メガゲンガーとソーナンスに一貫して通る霊技を高威力で使うことができます。

まとめ

第六世代現在では対策した方が良い戦術です。ソーナンスと組まず、メガゲンガー単体でほろびのうたを活用してくるものもあります。その場合、まもるやみがわりでターンを稼いでくることになりますが、こちらも上記の対策が有効です。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン対戦論

執筆者:

関連記事

no image

クレセドランの構築と対策

クレセドランとは クレセドランとは、第四世代で注目されて以来長く愛されている構成です。クレセリアの苦手な虫をヒードランが、逆にヒードランが苦手な地面や格闘をクレセリアが受けることができ、非常に相性補完 …

no image

ブルナットの構築と対策

ブルナットとは ブルナットとは、主に第五世代で良く使われていた構成です。ブルンゲルの苦手な電気や草をナットレイが補い、逆にナットレイの苦手な格闘や炎をブルンゲルが補えることから、その当時は見かけること …

no image

月光乱舞の構築と対策

月光乱舞とは 月光乱舞とは、エースアタッカーが活躍しダメージを受けた後に、クレセリアがみかづきのまいを使うことでそのエースアタッカーを再降臨させ、相手のパーティに大きな負担をかけていくことを軸とした構 …

no image

メガガルーラの弱点と対策

最終更新:ORASリーグシーズン8 第六世代にてメガ進化を手に入れ大幅に強化されたガルーラ。 完全に環境を支配していて、もはやメガガルーラの対策なくしてどうやって勝つのかというレベルです。 そんなメガ …

「こんらん」の上手な使用法

総論 数ある状態異常の中の1つであるこんらんはいつの環境でも猛威を振るっています。 特にいたずらごころなどをうまく活用して先手をとって使用されるケースが多く、そのターンに相手が行動不能となると、自攻撃 …

広告

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)