ポケモン育成論

オンバーン育成論

投稿日:2015-02-15 更新日:

noivern
ドラゴンタイプ随一の素早さを持つオンバーン。
その素早さから繰り出される高速りゅうせいぐんは強力です。
そんなオンバーンについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ひこう/ドラゴン
通常特性:おみとおし/すりぬけ
隠れ特性:テレパシー
種族値
H85 A70 B80 C97 D80 S123

最適と考える型

性格:おくびょう
特性:おみとおし
努力値:C252 S252 H6
持ち物:いのちのたま
技:りゅうせいぐん/エアスラッシュ/ばくおんぱ/かえんほうしゃ

考察

役割

高い素早さが目に留まりますが、他の能力は控えめ。そのため、他の特殊ドラゴンと比べると火力でどうしても見劣りするので、この高い素早さを生かして戦っていきたいところ。よって、基本的には、高速特殊アタッカーとしての運用となるかと思います。耐性も悪くはないため、そこそこ後出しはできそうです。ただし、氷4倍にはやはり注意が必要。

性格

素早さを潰さないためにもおくびょうを採用しました。ひかえめで火力を補強するよりもメリットが多いと感じたためです。

特性

まずテレパシーはシングルバトルでは全く発動機会のない特性であるため除外します。残るはすりぬけとおみとおしですが、相手が壁を貼ってきた場合に発動が限定されてしまうすりぬけに対して、おみとおしは必ず発動し恩恵を受けられ、また、先発で使うことの多いオンバーンには偵察にもってこいなことから、こちらを採用しました。ただ、好みの部分もあるため、すりぬけもありだと思います。

努力値

高速特殊アタッカーとしての運用となるため、これで良いかと思います。

持ち物

どうしても火力不足感が否めないため、火力を補強したいものの、こだわりメガネを採用するとせっかくの高い素早さからの打ち分けができなくなってしまいます。そのため、火力の補強をしつつ打ち分けもできるいのちのたまを採用しました。ただ、高い素早さからのこだわりりゅうせいぐんも魅力的なため、こだわりメガネも一考の余地はあるでしょう。

✔りゅうせいぐん
必須の主力タイプ一致技。
✔エアスラッシュ
タイプ一致技。ぼうふうと選択ですが、命中不安。
✔ばくおんぱ
ノーリスクで威力140の高威力技。みがわりも貫通で、汎用性に優れます。
✔かえんほうしゃ
上記3つの技全てを半減してしまう鋼に。

まとめ

素早さは高く申し分ないものの、いのちのたまを持たせてもどうしても火力不足感は否めないでしょう。そのため、純粋な火力にだけ頼るのではなく、素早さを生かして打ち分けを適切にしていくなどの工夫が必要です。また、ばくおんぱも他の竜にはできないアイデンティティであるため、積極的に使用していきたいところ。りゅうせいぐんほどの火力は出ないものの、同じタイプ一致技であるエアスラッシュよりも威力が高く、デメリットもないなど、非常に使いやすい技です。

↓↓のリンクからの応援が励みになります(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

ポリゴン2育成論

アニメではポケモンショックと呼ばれる問題を起こしてしまったポリゴン2。 しんかのきせきの登場により、進化前であるこのポケモンがよく使われるようになりました。 今回は、そんなポリゴン2について考察してい …

アリアドス育成論

ペンドラーという壁が大きく立ちはだかるアリアドス。 不遇ポケモンの代表格でしたが、ついにメガホーンを習得しました! そんなアリアドスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:むし/どく …

カイリキー育成論

四本の手を持つカイリキー。 メロメロやきんのたまで度々ネタにされる愛されキャラ()です。 そんなカイリキーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性:こんじょう/ノーガ …

ウインディ育成論

中国の言い伝えにあるという伝説のポケモンウインディ。 伝説ではないのにでんせつポケモンであることから、ネタにされることも多いですね。 そんなウインディについて考察していきたいと思います。 基本情報 タ …

ハピナス育成論

ポケモンセンターでジョーイさんの補助を行っているラッキーはハピナスの進化前。 BW(だったかな?)からタブンネにその位置を譲ることとなってしまいましたが、バトルではまだまだ強ポケ。 今回は、そんなハピ …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)