ポケモン育成論

サザンドラ育成論

投稿日:2015-02-15 更新日:

hydreigon
首が3つのサザンドラ。
三つ首といえばナッシーとドードリオがいますが、全く共通点はありません。
今回は、そんなサザンドラについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:あく/ドラゴン
通常特性:ふゆう
種族値
H92 A105 B90 C125 D90 S98

最適と考える型

性格:ひかえめ
特性:ふゆう
努力値:H252 C252 S6
持ち物:こだわりメガネ
技:りゅうせいぐん/あくのはどう/だいもんじ/だいちのちから

考察

役割

高い特殊攻撃と優秀な複合タイプを持ちます。攻撃もそこそこあるため、少々もったいないような感じはするものの、基本的には中速特殊アタッカーとして運用することになるかと思います。ドラゴン、悪というタイプは耐性が非常に多く、後出し性能に優れます。そのため、後出ししてりゅうせいぐんなど高威力の技を打ち逃げしていくこととなります。

性格

打ち逃げ主体で火力を補強したいため、ひかえめを採用しました。おくびょうで素早さに特化するのも考えられます。そのときは素早さに努力値を割きましょう。

特性

ふゆうしかありません。

努力値

ひかえめで火力補強を選びましたので、これで問題ないかと思います。

持ち物

打ち逃げスタイルのサザンドラに最適なこだわりメガネを採用しました。他の候補としてはいのちのたまなどが挙がりますが、その場合は耐久がそがれてしまうため、耐久に努力値を割くのではなく素早さ特化にした方が良いかもしれません。

✔りゅうせいぐん
必須主力一致技。打ち逃げに最適です。
✔あくのはどう
主力一致技。ドラゴン無効の鋼に通り、一貫性があります。
✔だいもんじ
竜技の通らない鋼などに。
✔だいちのちから
範囲はだいもんじとかぶりがちですが、メジャーなヒードランなど4倍弱点に有効です。

まとめ

火力は申し分なく、タイプも優秀で繰り出しやすいものの、やはりフェアリーが相手のパーティにいる場合の動きづらさがありそうです。逆に言えば他のポケモンでフェアリーの対策をしてあげれば、攻撃範囲も広く、相手にとっては脅威となるでしょう。また、サザンガルドと呼ばれる構築もあるようにギルガルドとの相性が非常によく、この2体ですべてのタイプを半減以下に抑えることができます。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:

関連記事

マグカルゴ育成論

甲羅をしょっているカタツムリのようなマグカルゴ。 背中の甲羅は皮膚が冷えて固まっただけで、簡単に崩れてしまうそうです。 そんなマグカルゴについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ほのお/ …

ケンタロス育成論

初代では猛威を振るっていたケンタロス。 しかし、時が進むにつれ陰りが見え、今ではほとんど見なくなってしまいました。 今回は、そんなケンタロスについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:ノー …

ナゲキ育成論

柔道家をモチーフにしたと思われるナゲキ。ダゲキとは対となる存在ですね。ただこのナゲキとダゲキ、初めてデザインを見たときに少し抵抗があったのは私だけでしょうか?笑 今回はそんなナゲキについて考察をしてい …

ラムパルド育成論

強烈な頭突きの攻撃は、どんな頑丈な物でも粉砕してしまうというラムパルド。 その頭蓋骨は厚さ30cmもあると言います。 そんなラムパルドについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:いわ 通常 …

オコリザル育成論

自分を怒らせたものは世界の果てまで追いかけるというオコリザル。 誰かの視線を感じるだけで怒り出すそうです。 そんなオコリザルについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう 通常特性: …

広告

Author:あいす 普通の某私立理系大学生