ポケモン育成論

ギャロップ育成論

投稿日:2015-02-24 更新日:

rapidash
新幹線と同じ速度で走ることができ、その速さ時速240キロ。
とっても速いんですね。
そんなギャロップについて考察していきたいと思います。

基本情報

タイプ:ほのお
通常特性:にげあし/もらいび
隠れ特性:ほのおのからだ
種族値
H65 A100 B70 C80 D80 S105

最適と考える型

性格:ようき
特性:もらいび
努力値:A252 S252 H6
持ち物:いのちのたま
技:フレアドライブ/メガホーン/ドリルライナー/つのドリル

考察

役割

攻撃と素早さが優秀な炎タイプのポケモンです。そのため、基本的には高速アタッカーとしての役割となります。他の炎タイプと比較すると若干種族値で劣りますが、メガホーン、つのドリルやドリルライナーといった個性的な技を数多く習得するため、特に差別化に苦労することはなさそうです。

性格

素早さを生かしたいため最速にしました。ようきを採用。ガブリアスも抜き去ることができます。

特性

にげあしは対人戦では全く役に立つことのない特性であるため除外します。残るはほのおのからだともらいびですが、耐久が低く何度も攻撃には耐えられずほのおのからだを生かしにくいことを考えると、炎への耐性が上がるもらいびの方が優秀と言えます。もらいびを採用しました。

努力値

高速物理アタッカーとしての運用となるため、これで問題ないでしょう。

持ち物

火力を強化できるいのちのたまを採用しました。元々耐久がないため、反動も気になりません。他の候補としては、攻撃範囲が広いことを考え、たつじんのおび辺りでしょうか。その際はつのドリルを抜いてワイルドボルトを入れ、弱点を突ける範囲を増やすのもありかもしれません。ただし、その場合は他の物理炎との差別化点がメガホーンとドリルライナーのみになることに注意が必要です。

✔フレアドライブ
必須の主力一致技。
✔メガホーン
差別化にもなる優秀な高威力サブウェポン。
✔ドリルライナー
フレアドライブ、メガホーンが両方とも通らない炎に。ヒードランに刺さる。
✔つのドリル
どうしようもない相手への究極の役割破壊。差別化にもなります。

まとめ

高い素早さからのフレアドライブやメガホーン、さらにはつのドリルといった強力な技を打てるのは非常に魅力ですが、ただただ単純に使っているだけでは、エンテイやウインディをはじめとする他の炎に劣り気味です。メガホーン、ドリルライナーとつのドリルが差別化につながるため、これらの技を意識して使っていきたいところ。特にヒードランに通り認知度も低いドリルライナーには可能性を感じます。

↓↓良い記事だと思っていただけたらクリックお願いします(#^^#)

広告

広告

-ポケモン育成論

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ラグラージ育成論

キモクナーイなラグラージ。 決してキモクナーイのである。 そんなキモクナーイについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:みず/じめん 通常特性:げきりゅう 隠れ特性:しめりけ 種族値 H1 …

ヤドラン育成論

のんびりとした雰囲気でゆるい感じのヤドラン。 ポケモンサンデーでは「ヤドン秋山」というコーナーがあって、当時とても笑ったのを覚えています。 それも今は昔ですが… ここでは、そんなヤドランについて考察し …

フリージオ育成論

雪の結晶の見た目をしたポケモン、フリージオ。 防御があり得ないほど低く、火力もそこまでなため、あまり使われていません。 ただ、フリーズドライの登場は大きな追い風となりました。 そんなフリージオについて …

カポエラー育成論

ブラジルの腿法であるカポエイラがモデルとなったと思われるカポエラー。 その独特なモーションは、一度見たら忘れないほど。 そんなカポエラーについて考察していきたいと思います。 基本情報 タイプ:かくとう …

ギギギアル育成論

ギアル→ギアル→ギギギアルと進化する、恐らく進化の名前だけなら単純さぶっちぎりトップなギギギアル。 見た目も進化してもあまり変わりません笑 今回は、そんなギギギアルについて考察していきたいと思います。 …

広告

広告

Author:Ernst 普通の某私立理系大学生

お役に立ったらぜひよろしくお願いします(*'ω'*)